楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple】WWDC 2019が現地時間6月3日から開催 有志によるWWDC 2019壁紙も公開

スポンサードリンク

Appleがデベロッパー向けカンファレンス「WWDC 2019(Worldwide Developers Conference)」を現地時間6月3日から7日にかけて開催することを発表しました。

WWDCでは、例年Appleデバイスに搭載される最新OS(iOSやmacOSなど)の新機能などの発表が行われています。

WWDC 2019では機械学習やAR分野の作品発表も

今年のWWDC 2019は、マッケナリー·コンベンションセンター(サンノゼ)で6月3〜7日の数日間に渡りに開催され、最新ソフトウェアの発表などが行われる基調講演は、現地時間6月3日に開催されます。

スポンサーリンク

WWDC 2019はiOSやmacOSなど、Appleに関する最新のニュースを伝える基調講演から始まり、機械学習、拡張現実、健康、フィットネス分野などの画期的な作品を紹介する予定としています。

WWDC 2019は基調講演のステージから始まり、Appleに関する最新のニュースをお伝えした後、機械学習(Machine Learning)、拡張現実(Augumented Reality)、健康およびフィットネスといった分野で新しいエクスペリエンスの開発に取り組んでいるデベロッパ各社の画期的な作品を紹介する予定です。今年のプログラムでも、技術セッション、ハンズオンラボ、ゲスト講演を多数予定しており、既存のApple開発者コミュニティならびに、次世代のアプリケーション開発者に対して、各人の優れたアイディアを現実のものに変える助けとなるような知識とツールが与えられることになるでしょう。

引用:Apple

デベロッパー向けに販売されている参加チケットは、日本時間3月21日午前9時まで販売されており、WWDCウェブサイトにて申し込むことができます。なおチケットは抽選販売となっており、抽選結果は日本時間3月22日の午前9時までに知らされるとのこと。

またWWDC開催発表に併せて、有志が作成したWWDC 2019をテーマとした壁紙が公開されているので、興味があるかたは是非ダウンロードしてみてください。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top