楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【OSX Yosemite】Macのスクリーンショットを影無しで撮影する方法

Macでスクリーンショットを撮影すると、ウィンドウの周りに黒い影(シャドウ)が自動で入ります。
見た目をお洒落にみせる為の機能ではあると思うんですが、正直いらない!なんて人も多いのではないでしょうか。
ファイルサイズも増えてしまうし、ブログで貼り付けると影に無駄なスペースを使われてしまいますよね。
そんな影を無くすコマンドとデフォルトの影を復活させるコマンドの2つを紹介します。

デフォルトだとこのような影が入りますよね。

ちなみにスクリーンショットは以下の方法で撮影する事ができます。
⌘ + Shift + 3 → 画面全体を撮影
⌘ + Shift + 4 → 選択範囲を撮影
⌘ + Shift + 4 + Space → 選択したウィンドウ(アプリ)全体を撮影

スクリーンショットを影を無くす

まずはターミナルを起動

以下の2つのコマンドを順番に入力しエンター。
defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -bool true
killall SystemUIServer
必ず1行ずつ入力してください。⌘+Cでコピーして⌘+Vで貼り付けると確実です。

スクリーンショットを撮影すると先程まであった影が無くなった事がわかります。

スポンサーリンク

戻したい場合は..

もう一度影を含んだスクリーンショットを撮影したい場合は、以下のコマンドを1行ずつ入力してください。
defaults delete com.apple.screencapture disable-shadow
killall SystemUIServer

つぶやき


一度影を解除すると再度コマンドを入力しない限り影は復活しません。
もしコチラの方法で影を非表示にした場合は、いつでも元に戻せるようにこのページをブックマークしておくと、次回検索する手間を省けるので是非。
影表示も嫌いでは無いんですが、やっぱりWEBサイトに載せるにはちょっぴり邪魔ですよね。

参考:週アスPLUS

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top