楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【新製品】東プレのMac向けキーボード「REALFORCE SA for Mac」が発売 英語配列版の情報も

スポンサーリンク

東プレ株式会社がMac向けフルキーボード「REALFORCE SA for Mac」を4月11日付で発売しました。

大きく分けて2モデル展開となるラインナップ

東プレが発売したMac向けフルキーボード「REALFORCE SA for Mac」は、大きく分けて2つのモデル「R2SA-JP3M-WH/BK」と「R2-JPVM-WH/BK」が用意されています。

「R2SA-JP3M-WH/BK」は、キースイッチのオン位置を1.5mm、2.2mm、3mmから調節できるAPC機能、ストレスの少ない静音キースイッチ、および一体型キースペーサーを同梱した、キー荷重30gのモデル。「R2-JPVM-WH/BK」は、APC機能や静音キースイッチを搭載せずキー荷重が変荷重のみとなるモデルです。

キー印刷はどちらのモデルも「スーパーホワイト+シルバー」のみ昇華印刷となっており、「ブラック+シルバー」はレーザー印刷なので注意が必要です。(昇華印刷のほうが耐久性が優秀)

その他の特長である、Boot Camp時に便利な半角/全角・漢字キー、英数(eng)・かな(kana)を無変換・変換キーに切り替えられるWind Mode機能、画面の明るさやメディア操作などができるFunction機能切り替えキー、キースイッチの無効化などができる専用ソフトウェア、キーを複数入力した際でも確実にキーを捉えるNキーロールオーバーなどは、両モデルともに対応しています。

スポンサーリンク

英語配列版の製造〜発売予定との情報も

今回は日本語配列キーボードのみの発売となりますが、関係者筋の話によると「英語配列キーボードを使用しているユーザーは多いので、今後英語配列版も作ることになると思う。ただ具体的な発売スケジュール等は決まっていない」とのこと。

もし英語配列キーボードを使用しているのであれば今回発売された日本語配列版は見送って、今後発売される可能性が高い英語配列版を待つのも良さそうです。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top