楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【速報】macOS SierraがWWDC 2016で正式発表 新機能と変更点のまとめ

日本時間2016年6月14日午前2時にAppleが開発者向けカンファレンス「WWDC 2016」を開催し、同イベントでOS X改め、macOS Sierraが正式に発表されました。この記事では、macOS Sierraに関する発表内容をまとめて紹介します。

新機能 Auto Unlock


Apple Watchを身につけることで、Macが本人を識別しログイン(起動パスワードの入力)を自動で行うことが出来る新機能「Auto Unlock」が追加されます。

新機能 Universal Clipboard


iPhoneで選択したテキストやイメージをデバイス間で共有できる新機能「Universal Clipboard」が追加されます。

iCloud Drive


Macのデスクトップに設置したアイテムをiCloud Driveで共有できるようになります。

新機能 Optimized Storage


古いファイルをiCloudにアップロードしたり、不要なブラウザキャッシュを自動的にゴミ箱に送ることで、ストレージ容量を大きく空けることができる新機能「Optimized Storage」が追加されます。同機能を使うことで、空き容量が20GBしか残っていない場合でも、150GB程度まで容量を確保することができるようです。

スポンサーリンク

Apple Pay


ウェブサービスでApple Payを使った決済が可能になります。なお決済するには、iPhoneのTouch IDで本人認証をする必要があるとのことです。

※ 日本はサービス対象外エリア

タブ機能の拡張


Safariだけではなく、全てのアプリ(標準アプリ/サードパーティーアプリ)にタブ機能が利用可能になります。

新機能 ピクチャ・イン・ピクチャ


Safariで動画を小窓化し、オーバーレイ表示ができるピクチャ・イン・ピクチャ機能が追加されます。

新機能 Siri


MacでSiriが利用可能になります。ファイルやアプリの検索ができるほか、Keynoteなどのプレゼンテーションアプリで、Siriの検索結果として表示されたファイルを直接ドラッグ&ドロップで挿入することができます。またiPadで作成した図などをコピーすると、無線同期でMacにペーストをすることも出来るとのことです。

なお、macOS Sierraのリリース時期は秋になるとのことです。

関連記事

画像引用及び参考元:Apple

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top