楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Mac】Apple Watchでロックを自動解除する方法 macOS SierraとwatchOS 3連携技

今回はMac(macOS Sierra)のパスワードロックをApple Watch(watchOS 3)で自動解除する方法を解説します。Apple Watchを装着してMacに近づくだけでパスワードロックが解除されるので、煩わしいパスワード入力の手間を省くことができます。

連携に必要なMacのハードウェア条件

Apple Watchでロックを自動解除するには、次のハードウェア条件を満たすMacが必要です。

  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Pro(2012以降)
  • MacBook Air(2012以降)
  • Mac mini(2012以降)
  • iMac(2012以降)
  • Mac Pro(Late 2013)
スポンサーリンク

Apple Watchを使った自動ロック解除の設定方法

  1. MacのWi-FiとBluetoothをオンにする。
    • 「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fi」→「Wi-Fiを入にする」
    • 「システム環境設定」→「Bluetooth」→「Bluetoothを入にする」
  2. Apple IDに「2ファクタ認証」を設定する。
    【iPhone】Apple IDに「2ファクタ認証」を設定する方法

    【iPhone】Apple IDに「2ファクタ認証」を設定する方法

    2ファクタ認証の詳しい設定方法は、こちらの記事で解説しています。
  3. MacとApple Watchで同一のApple IDを使ってiCloudにサインインする。
    • Mac:「システム環境設定」→「iCloud」
    • Apple Watch:iPhoneの「Watchアプリ」→「一般」→「Apple ID」
  4. Watchアプリの「パスコード」→「パスコードをオンにする」から、パスコードロックを設定する。
  5. Macの「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」にチェックを入れる。

設定は以上で完了です。
Apple Watchを装着してMacに近づくだけでロックが自動解除されるので、是非お試しください。
※ Apple Watch装着時に画面をタップして、パスコードロックを解除しておく必要があります。

コメント(承認制)

*

Return Top