楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iTunes終了後の移行先やライブラリの引き継ぎなどの関する疑問を解説

スポンサーリンク

今秋リリース見込みのmacOS Catalinaでは、iTunesの提供が終了し同等の機能が「Apple Music App」「Apple TV App」「Apple Books App」「Finder」の4つのアプリに移行されます。

既にユーザーから「ダウンロードした音楽や映画はどうなるの?」「ライブラリやバックアップは引き継がれるの?」などの疑問が挙がっているので、これらの疑問について解説します。

iTunes終了後の各機能やコンテンツの移行先について

現在Macで利用できるiTunes機能は、iPhoneなどiOS端末のライブラリ管理や転送、バックアップや復元、音楽や映画や電子書籍の購入など、様々な機能が1つのアプリに詰まっていますが、今秋リリースのmacOS Catalinaでは4つのアプリに移行または統合されます。

  • iTunesで作成したプレイリストやスマートプレイリストは、新しいアプリ「Apple Music App」に移行
  • 映画や番組の購入やレンタル、iTunesで購入あるいはレンタルしたコンテンツは、新しいアプリ「Apple TV App」に移行
  • オーディオブックの購入、登録済みのPodcastやiTunesに追加したPodcastは、新しいアプリ「Apple Books App」に移行
  • iPhoneなどiOS端末のバックアップや復元、同期などの管理機能は「Finder」に統合

iTunes Storeは引き続き利用可能

これまで通り音楽の購入や購入済みコンテンツの再ダウンロードなどができるiTunes Storeは引き継がれ、「Apple Music App」などのサイドバーからアクセスすることができます。

またApple TV AppApple Books Appにもストアが用意され、こちらからでもiTunes Storeと同じコンテンツの購入、購入済みコンテンツの再ダウンロードができるようです。

スポンサーリンク

iTunes CardやiTunesのクレジット残高の扱い

iTunes CardやiTunes(Apple ID)のクレジット残高はそのまま使用することができます。

移行時にクレジット残高がリセットされることは無いので、移行までの間も入金(チャージ)して問題ありません。

現在iTunes Storeなどでコンテンツを購入しても平気なのか

ライブラリや購入済みのコンテンツなどは、それぞれ「Apple Music App」「Apple TV App」「Apple Books App」「Finder」の適した場所に自動で移行とされるため、現在のiTunes Storeで購入したコンテンツなどが消えることは無いので、買い控えする必要はありません。

Windows版iTunesは引き続き利用可能

今秋に行われるiTunesの提供終了は、Mac(macOS Catalina)に限定した仕様変更となりWindows版iTunesは引き続き提供すると、Billboard(ビルボード)の編集者であるMicah Singleton氏がAppleから得た話として述べています。

他メディアでも「AppleがWindows版iTunesには変更が無いと述べた」との報道が多数あるので、恐らくは報道通りの結果になるかと思います。

海外テックメディアのArsTechnicaに対して、アップルは「マイクロソフトのWindowsでiTunesを使用しているユーザーには何の変更もない」と答えたとのこと。

引用:engadget日本版

関連記事【iPhone】WWDC 2019で発表されたiOS 13の新機能など詳細まとめ

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top