楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Mac/PC】iTunes 12.7からiTunes 12.6.3に移行、インストールする方法

スポンサーリンク

iTunes 12.7では、アプリの管理機能や着信音管理機能、App Storeなどの主要機能が削除されてしまいましたが、これらの機能が使用できる最新バージョンiTunes 12.6.3がリリースされています。

iTunes 12.6.3は、ライブラリの手動変更作業が伴うものの、既にiTunes 12.7にアップデート済みでもインストールすることができるバージョンになっています。

今回は実際にiTunes 12.7からiTunes 12.6.3に移行してみたので、その時の手順について書き残しておきます。

※ 今回の乗り換え作業は通常のアップデートと違い、既存ライブラリを変更する作業が伴います。
※ 誤操作によるライブラリの消失やエラー等に備えて、作業前の”バックアップ”をおすすめします。
※ iTunes 12.6.3をiTunes 12.7以降にアップデートするには、手動アップデートが必要になります。

スポンサーリンク

iTunes 12.6.3のインストール手順について

  1. AppleのサポートページからiTunes 12.6.3のインストーラーをダウンロードし、install iTunesを起動。
    ※ Mac版、Win32bit版、Win64bit版が用意されています。
  2. 1_itunes_20171010_up

  3. インストーラーの指示に従って、インストール作業を進めていく。
  4. 2_itunes_20171010_up

  5. 途中システムパスワードを求められる場合は、パスワードを入力してソフトウェアをインストールをクリック。
  6. 3_itunes_20171010_up

  7. 手順1〜3でインストールを終えたら、iTunesフォルダ内のファイル「iTunes Library.itl」を適当な名前(bakup_2017_iTunes Library.itl等)にリネーム。
    ※ 念のためiTunes Library.itlをデスクトップ等、適当な場所にコピペしてバックアップしておくと尚安心。

    ※ iTunes Library.itlの場所
    Mac:ユーザー\ユーザー名\ミュージック\iTunes\
    Win:C:\ユーザー\[ユーザ名]\マイミュージック\iTunes\
  8. 5_itunes_20171010_up

  9. iTunesフォルダ内のPrevious iTunes Librariesフォルダを開き、iTunes 12.7アップデート適用前のライブラリファイル(iTunes Library yyyy-mm-dd.itl)をコピー。

    ※ iTunes Library.itlには、プレイリスト、再生回数、曲のレートなどの情報が保存されています。
    ※ 移行完了後はライブラリの中身がiTunes 12.7アップデート前の情報に巻き戻ります。
    ※ iTunes 12.7は2017年9月14日にリリースされています。選択するライブラリファイルの参考にしてください。
  10. 14_itunes_20171010_up_up (1)

  11. コピーしたライブラリファイル(iTunes Library yyyy-mm-dd.itl)をiTunesフォルダにペーストして、ファイル名を「iTunes Library.itl」にリネーム。
  12. 7_itunes_20171010_up

  13. 手順1〜3でインストールしたiTunesをMacの場合はOption、Windowsの場合はShiftを押下しながら、ダブルクリックして起動。
  14. 8_itunes_20171010_up

  15. 「iTunesライブラリを選択」が表示されるので、ライブラリを選択をクリック。
  16. 9_itunes_20171010_up

  17. 手順6でリネームしたiTunes Library.itlを選択して開く。
  18. 10_itunes_20171010_up

  19. iTunesライブラリのアップデートが開始されます。
  20. 11_itunes_20171010_up

  21. ライブラリのアップデートが完了すると、アプリの管理機能や着信管理機能、App Storeを利用できるiTunes 12.6.3が起動します。
  22. 12_itunes_20171010_up

  23. バージョン情報を確認すると、iTunes 12.7からiTunes 12.6.3に移行できていることを確認できます。
  24. 13_itunes_20171010_up

以上でiTunes 12.6.3への移行は完了です。もしiTunesでアプリの管理をされていたのであれば、iTunes 12.6.3に移行するのも良いかと思います。

ただし解説中に注釈を入れたように、ライブラリファイルがiTunes 12.7アップデート前に巻き戻るので、その点だけは注意してください。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 記事の内容にしたがいインストールファイルをダウンロードし導入しようと試みましたが、すでに最新VerのiTunesが入っているとのメッセージが出たため、ほかの方のブログ(もう一人のY君)を参考に

    1.iTunesを削除⇒2.Apple Software Updateを削除⇒3.Apple Mobile Devices Supportを削除
    ⇒4.Bonjourを削除⇒5.Apple Application Support(32ビット)を削除⇒6.Apple Application Support
    (64ビット)を削除の上iTunes 12.6.5.3をインストールし、iTunes Library.itlを2017年4月8日のものに変更
    して、うまくバージョン情報も12.6.5.3が確認でき、iTunesの項目にもAPPが確認できました。
    導入してまもなくはそのまま使えましたが、再起動後、なんとバージョン表記が12.9.2.6に勝手に変更されています。同じこと(アンインストールから12.6.5.3を再導入・2回目)をしてもまた導入直後(30分程度)の後
    再起動するとまたまた12.9.2.6に戻っております。(めにゅーからもAPPは消えています)
    この問題解決できませんでしょうか?

    (ライブラリを外付けHDDなどで管理している場合のみ) iTunes 12.6.4を起動し, 新しいitlファイルをHDD側に上書き

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top