楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Mac】iPhotoのライブラリを外付けHDDや別パーティションに移動する方法

iPhoneで撮影した写真が自動でMacにも取り込めるiPhotoって便利ですよね。
人によっては自動同期で全て取り込んでいる人も少なくは無いと思います。
便利は便利なんですが、iPhotoのライブラリサイズは徐々に肥大化していきます。
今回はこのiPhotoライブラリを外付けHDDや別パーティションに移動する方法をご紹介します。

ファイルの場所を変更する為、必ず事前にバックアップ等を取ってから自己責任で作業を行うようにしてください。データの損失等のトラブルが起きたとしても、責任は負いかねます。

iPhotoライブラリに移動方法

/Users/ユーザー名/Pictures/ の中にあるiPhotoLibraryを移動することになります。私は12GBになっていました。

操作方法はシンプルで移動したい外付けHDDや別パーティションにiPhotoLibraryをドラッグ&ドロップ。

場合によってはログオン時のパスワードを求められます。

元フォルダにiPhotoLibraryが残っている場合は削除してしまって大丈夫です。

最後に移動先のiPhotoLibraryを開くとiPhotoが起動し、ライブラリの移動が完了します。

アップデートを求められた場合はアップデートしてください。

移動が完了したかどうかは、iPhotoのファイルから「ライブラリを切り替える」を見ると、下部にパスが表示されます。

スポンサーリンク

つぶやき


MacBookのモデルによってはストレージが少なめの物もあります。
そういった場合は外付けHDD等を活用する事で容量不足を解消する事が出来ます。
iPhotoをお使いの方でストレージ容量がカツカツの方は是非外付けHDD等に移動をしてみてくださいね。

コメント(承認制)

*

Return Top