楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【噂】iPhone6s/6sPlusでは16GBモデルが廃止 メモリは1GBから2GBに?

グローバル調査会社のTrendForceが、次期新型iPhone(iPhone6s / iPhone6s Plus)の予想レポートを公開しています。
中には16GBモデルの廃止される可能性も書かれており、今まで16GBモデルを購入していたユーザーにとっては、実質的な負担が増えてしまうかもしれません。

iPhone6s/6sPlusでは何が変わる?

16GBモデルの廃止


ストレージ容量16GBのモデルが廃止され、32GB/64GB/128GBの3モデル展開となるかもしれません。
iOS8が配信された当初でも、OTA(iPhone単体でアップデート)しようとすると、5GB〜の空き容量を求められるケースもあり、アップデート自体が容量不足の為に出来ないユーザーが続出した事があります。
今後メジャーアップデートを重ねる度に容量は増える事になるでしょうし、そろそろ16GBでは限界なのかもしれません。

メモリーの増量1GBから2GBに?


従来のLPDDR3からLPDDR4にアップグレードされ、搭載メモリーの容量が1GBから2GBになるかもしれません。
LPDDR4については、消費電力の低下やメモリアクセスの高速化なども図られているので、iPhoneの動作がより快適になったり、メモリー不足による強制再起動なども減ると思います。
またメモリーの増量によって、今までのスペックでは動作が難しかったレベルの3Dゲームなどが普及する可能性もあります。

スポンサーリンク

LEDの小型化


画面に採用されているLEDが小型されるかもしれません。
本体の軽量化や薄型化に繋がる可能性もありますし、LEDが小型化される事によって消費電力が減り、バッテリー自体の持ちが改善される可能性もあります。
小型化される事によって画面の明るさが従来と比べて、どう変わるのかが気になるところです。

Force Touch(感圧タッチ)の対応


Apple Watchで採用された感圧タッチが、次期iPhoneでも採用される可能性があるかもしれません。
Apple Watchと同様に、iPhoneでも画面を強く押したらメニューが表示される事になりそうです。
もしかするとホームボタン自体の役割が感圧タッチになる可能性も?

【コンセプト】iPhone7ではホームボタンが消えてベゼルも薄くなる?

【コンセプト】iPhone7ではホームボタンが消えてベゼルも薄くなる?

最近公開されたコンセプト動画の紹介です。
仮にこのコンセプト動画の予想が的中するのであれば、ForceTouchがホームボタンの役割を果たす可能性も十分あります。

つぶやき


次期iPhoneがどうなるのか楽しみですね。
薄型化にメモリー増量..となると、また値上げするんでしょうか。
10万円〜が当たり前になってしまうと、少し購入を躊躇してしまいそうです。
32GBモデルだけでもリーズナブルな価格設定だとお財布が助かります..

参考:TrendForce via CultofMac

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top