楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【噂】次期iPhone 6sでの感圧タッチディスプレイやローズゴールドの採用は見送りか

今年発売が噂されているiPhone 6sに関する噂が幾つも飛び交っています。
Appleに関する様々な情報を発信している、中国のM.I.C. GadgetがiPhoneを製造しているFoxconnの工場従業員の話の筋として、iPhone 6sにはApple Watchが採用した感圧タッチディスプレイ(ForceTouch)は採用されていないと伝えています。

iPhone 6と大きな変化は無い?

img via:adslzone

ディスプレイについては、現行のiPhone 6と大きな差が無いディスプレイが採用されているとのことです。
また、噂になっていた新色のローズゴールドが追加される噂も否定されており、カラーラインアップについても従来のバリエーションとなり、現行のiPhone 6と同程度の価格が設定されているようです。

スポンサーリンク

iPhone 6sで何が変わる?


今回報じられたFoxconnの工場従業員の話が事実なのであれば、カメラの改良やプロセッサの向上など基本性能を向上させただけのアップデートとなるかもしれません。
Appleが目新しい機能を一切搭載していない新型を発売するのは考えづらい気もしますが、昔のように衝撃的なデバイスの発表をせずに保守的な動きをしている昨今のAppleを見ていると、今回の話も十分有り得そうな気がします。

つぶやき


iPhone 6sは早ければ9月に発表されると噂になっています。
今回の報道はiPhone 6sを楽しみにしているユーザーにとっては、少しショックな報道かもしれませんが、あくまで”噂”なので、あまり一喜一憂しすぎないようにしてくださいね。

参考:M.I.C. Gadget via 気になる記になる

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top