楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPad】WWDC2019で新OS「iPadOS」が発表 独自機能を多く搭載したアップデートに

スポンサーリンク

本日開催されたWWDC2019では、iPhoneやiPod touch向けのメジャーアップデート「iOS 13」のほかに、iPad向けに新OS「iPadOS」が発表されました。

これまではiOSが採用されていたiPadですが、iPad独自の機能も増えてきたこともあり1つのOSとして独立したようです。さっそくWWDC2019で発表されたiPadOSについて紹介します。

ホーム画面で表示できるアプリの数が増加


ホーム画面レイアウトが再設計され、これまでよりも1画面で多くのアプリのアイコンを表示できるようになりました。また画面をスワイプするとアプリのアイコンが更に詰まるように配置され、イベント予定や天気などを確認できるウィジェット、Today Viewが表示されるようになります。

同一アプリを2つ起動できるスライドオーバー機能

同時に複数のアプリを起動できるスライドオーバー機能が強化され、同一のアプリを2画面で表示できるようになったことで、受信メールを確認しながら新規メールの作成したり、受信した添付ファイルを別の宛先にコピーして、異なる人物に新規メールとして送信することなどができるようになります。

またスライドオーバーしたアプリはそのまま最小化することができ、マルチタスク画面で全てのスライドオーバーをプレビュー表示、切り替えることも可能です。

スポンサーリンク



カラムビューでより見やすくなったファイルアプリ

ファイルアプリがより階層がわかりやすいカラムビューデザインに刷新され、ファイルのプレビュー表示、クイックアクション、メタデータの表示に対応します。

またUSBやSDカードの読み取り、iCloud Driveのフォルダを丸ごと共有できる機能、圧縮と解凍など、利便性を高める様々な機能が追加されます。

iPadに最適化されたデスクトップ版ウェブサイトが表示されるSafari

これまでiPadでSafariを使いブラウジングすると、モバイル版ウェブサイトが表示される仕様でしたが、iOS 13ではiPadの環境に適したサイズ、且つタッチ操作も快適にできるよう自動調整され、デスクトップ版ウェブサイトが表示されるようになります。

他にもダウンロード管理機能、キーボードショートカット、ウェブサイト別に設定が保持されるようになるなど、複数の新機能も追加されます。

スポンサーリンク

モリサワフォントなどをインストールできるカスタムフォント機能

これまでiOSではシステムフォントは固定されていましたが、iOS 13ではAdobe、Monotype、モリサワなど、主要のフォントがApp Storeでダウンロード、インストールすることができるようになります。

テキスト操作がより快適になる新ジェスチャ

iOS 13では長いページの高速スクロール、より直感的に操作できるカーソル移動、2点間をドラッグすることによるテキスト選択、3本指でピンチインでコピー、3本指でピンチアウトでペースト、3本指でスワイプしてUndoなど、テキスト操作をより快適にする新ジェスチャが追加されます。

スポンサーリンク



ApplePencilの遅延が短縮

これまでApplePencilの遅延は20msでしたが、iOS 13では9msに遅延が短縮され、より自然な書き心地に向上します。

PencilKit APIによりサードパーティーアプリでもマークアップが可能に

ApplePencilのマークアップができるPencilKit APIが公開され、アプリがPencilKit APIに対応している場合に限り、サードパーティーアプリでもApplePencilを使ってマークアップができるようになります。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top