楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【災害】ソフトバンクが全国のショップや事業所に蓄電池やWi-Fiスポットを配備

スポンサーリンク

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が、災害対策の一環として全国のソフトバンクショップやワイモバイルショップに災害対応蓄電池の配備を2019年3月末までに行うことを発表しました。

災害時の充電はキャリアショップへ

今回のソフトバンクの発表によると、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震で道内全域停電が発生したことから、万が一の停電時でもスマートフォンなどの充電サービスを提供できるよう、全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップに蓄電池を配備するとのこと。

またキャリアショップだけでは無く、各都道府県の事業所(外部リンク)には、スマートフォンや携帯電話の充電ができる充電セット、00000JAPAN等のWi-Fiスポット、3G回線を利用した固定電話機などを含む、避難所支援キットを配備するとのこと。

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)および株式会社ウィルコム沖縄(以下「ウィルコム沖縄」)は、携帯電話サービスの災害対策の一環として、全国のソフトバンクショップおよびワイモバイルショップへの災害対応蓄電池の配備と、全国の事業所などへの「避難所支援キット」などの配備を、2019年3月末までに行います。

スポンサーリンク

災害が発生すると難所などに設置された充電ステーションは混雑し、インフラがダウンすると連絡を取ることさえも困難になるので、有事に備えてソフトバンクショップやワイモバイルショップの所在地を確認しておくと安心です。

筆者自身、北海道胆振東部地震を震源地でもある厚真町から近い地域で経験していますが、インフラがダウンすると外部から情報を得る手段が限られてしまうので、今回のような災害対策は有り難い限りです。

ソフトバンクショップ(店舗)を探す
ワイモバイルショップ(店舗)を探す

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top