楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【watchOS7.3.2】アップデート内容の詳細、WebKitに関する脆弱性が修正へ

AppleがApple WatchなどwatchOSデバイス向けに、WebKitに関する重要なセキュリティアップデートを含むwatchOS7.3.2をリリースしました。本アップデートはセキュリティ問題にのみ対処したマイナーアップデートとなります。

watchOS7.3.2のアップデート内容について

今回Apple Watch向けにリリースされたwatchOS7.3.2では、同日リリースされたiOS14.4.1と同様に、Safariなどブラウザ全般のレンダリングエンジンでもある「Webkit」に関する脆弱性、セキュリティ問題の修正が行われています。

This update provides important security updates and is recommended for all users.

For information on the security content of Apple software updates, please visit this website:
https://support.apple.com/kb/HT201222

このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

スポンサーリンク

watchOS7.3.2で対処されたセキュリティ問題

対処された脆弱性(CVE-2021-1844)の詳細はAppleサポート記事で公開されており、本アップデートで悪意のあるWebコンテンツにアクセス(処理)すると任意のコードが実行される問題に対処したことを明かしています。

なお、WebKitの脆弱性はApple Watch Series3以降のApple Watchが対象となっており、watchOS7に対応している全てのApple Watchでアップデートが推奨されています。

WebKit

Available for: Apple Watch Series 3 and later
Impact: Processing maliciously crafted web content may lead to arbitrary code execution
Description: A memory corruption issue was addressed with improved validation.

CVE-2021-1844: Clément Lecigne of Google’s Threat Analysis Group, Alison Huffman of Microsoft Browser Vulnerability Research

watchOS7.3.2へのアップデート方法について

iPhgoneがiOS14.4.1以上、Apple Watchのバッテリー残量が50%以上である等の条件を満たす場合、以下の手順でwatchOS7.3.2アップデートを適用できます。

watchOS7.3.2アップデートに必要な条件

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている
  • 親機のiPhoneがiOS14.4以上にアップデート済みであること
  1. iOS14.4.1以降のiPhoneでWatchアプリを起動する
  2. 下段メニューのマイウォッチをタップ
  3. 一般をタップ
  4. ソフトウェア・アップデートをタップ
  5. ダウンロードとインストールをタップ
  6. パスコードを入力
  7. 利用規約画面で同意するをタップ

関連記事【iOS14.4.1】アップデートの新機能と変更点、不具合や評判のまとめ

コメント(承認制)

*

Return Top