楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【watchOS7.3】アップデートの新機能と変更点、不具合や評判のまとめ

Apple Watch向けに、Apple Watch Series 4以降を対象に心電図機能の追加などを含むwatchOSアップデート「watchOS7.3」をリリースしました。本記事ではwatchOS7.3アップデートの内容について解説します。

watchOS7.3のアップデート内容と変更点、修正された不具合

今回リリースされたwatchOS7.3アップデートでは、Apple Watch Series 4以降を対象に心電図の測定ができる機能「心電図」が日本向けに解禁されました。また他にもズーム機能を使用した際にコントロールセンターと通知センターが反応しなくなる問題が修正されています。

watchOS 7.3には、以下の新機能、機能改善、およびバグ修正が含まれます:

* “ユニティ”の文字盤: 黒人の歴史を称え、パン・アフリカの旗の色から着想を得たもので、1日を通して身体の動きに合わせて表示が変わり、自分だけの文字盤を作り出すことが可能
* Apple Fitness+登録者のための“ウォーキングの時間”: “ワークアウト” Appでのウォーキング中にゲストがインスピレーション溢れるストーリーを共有するオーディオ体験
* 日本、マヨット、フィリピン、およびタイでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応
* 日本、マヨット、フィリピン、台湾、およびタイで不規則な心拍の通知に対応
* ズーム機能を有効にすると、コントロールセンターと通知センターが反応しなくなることがある問題を修正

スポンサーリンク

心電図機能はApple Watch Series 4以降で利用可能

watchOS7.3では、Apple Watchで心電図の記録が可能になり、心電図機能によりバックグラウンドで心拍リズムが計測され、心房細動が不規則な心拍リズムであることを検知した時には以下の通知が届きます。

心拍数
心臓のリズムによる心房細動を示唆する不規則な心拍がみられます。
医師による心房細動の検査を受けたことがない場合、ぜひ医師に相談してください。

なお、心電図機能はデジタルクラウンや裏蓋部分に電極を搭載したApple Watch Series 4、5、6でのみ利用することができ、Apple Watch Series 3以前では使用することができません。

自身の使用しているApple WatchのSeriesがわからない場合は、Apple Watchの裏蓋の周りに印字されているので参考にしてください。

watchOS7.3へのアップデート方法について

iPhgoneがiOS14.4以上、Apple Watchのバッテリー残量が50%以上である等の条件を満たす場合、以下の手順でwatchOS7.3アップデートを適用することができます。

watchOS7.3アップデートに必要な条件

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている
  • 親機のiPhoneがiOS14.4以上にアップデート済みであること
  1. iOS14.4以降のiPhoneでWatchアプリを起動する
  2. 下段メニューのマイウォッチをタップ
  3. 一般をタップ
  4. ソフトウェア・アップデートをタップ
  5. ダウンロードとインストールをタップ
  6. パスコードを入力
  7. 利用規約画面で同意するをタップ

関連記事【iOS14.4】アップデートの新機能と変更点、不具合や評判のまとめ

コメント(承認制)

*

Return Top