楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【watchOS7.4.1】アップデートの詳細、セキュリティアップデートの内容について

AppleがApple WatchなどwatchOSデバイス向けに、すべてのユーザーに推奨される重要なセキュリティアップデートを含むアップデート、watchOS7.4.1をリリースしました。

watchOS7.4.1アップデート内容の詳細について

今回リリースされたwatchOS7.4.1アップデートでは、同日リリースされたiOS14.5.1と同様に、Safariなどブラウザアプリが使われるHTMLレンダリングエンジン「Webkit」に関する脆弱性が対処されています。

このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

スポンサーリンク

watchOS7.4.1で対処された脆弱性について

watchOS7.4.1で対処された脆弱性(CVE-2021-30665)は先述したようにHTMLレンダリングエンジンWebkitに関するものとなっており、悪意を持って作られたWebコンテンツを処理すると任意のコードが実行される恐れがある脆弱性となっています。

WebKit

Available for: Apple Watch Series 3 and later

Impact: Processing maliciously crafted web content may lead to arbitrary code execution. Apple is aware of a report that this issue may have been actively exploited.

Description: A memory corruption issue was addressed with improved state management.

CVE-2021-30665: yangkang (@dnpushme)&zerokeeper&bianliang of 360 ATA

上記脆弱性は積極的に悪用された可能性があるとも報告されているので、特別な事情が無い限りはwatchOS7.4.1アップデートを適用するようにしてください。

watchOS7.4.1アップデートを適用する方法

iPhgoneがiOS14.5.1以上、Apple Watchのバッテリー残量が50%以上である等の条件を満たす場合、以下の手順でwatchOS7.4.1アップデートを適用できます。

watchOS7.5.1アップデートに必要な条件

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている
  • 親機のiPhoneがiOS14.4以上にアップデート済みであること
  1. iOS14.5.1以降のiPhoneでWatchアプリを起動する
  2. 下段メニューのマイウォッチをタップ
  3. 一般をタップ
  4. ソフトウェア・アップデートをタップ
  5. ダウンロードとインストールをタップ
  6. パスコードを入力
  7. 利用規約画面で同意するをタップ

関連記事【iOS14.5.1】アップデート内容と変更点の詳細、不具合や評判について

コメント(承認制)

*

Return Top