楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch】watchOS 5.1アップデートがリリース 転倒検出機能のサポートなど

スポンサーリンク

本日Apple Watch向けに、Apple Watch Series 4で転倒検出機能のサポートなどを含む、watchOS 5.1がリリースされました。

転倒検出機能に対応したwatchOS 5.1

watchOS 5.1では、唯一の新機能としてApple Watch Series 4で転倒検出機能のサポートが行われました。

スポンサーリンク

転倒検出機能が作動すると、自動的に緊急速報サービスに連絡が行われ、応急手当にあたってくれる人に転倒検出機能が作動したこと、位置座標を共有することを知らせるメッセージが再生されます。

他にもトランシーバーAppのインストールが完了しない問題などの改善も行われており、詳細は以下のwatchOS 5.1のリリースノートを確認してください。

このアップデートには、以下の改善とバグ修正が含まれています:

・Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急速報サービスへの連絡が行われます。また、応急手当にあたってくれる人に、Apple Watchで転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになりました。
・一部のユーザーで、”トランシーバー”Appのインストールが完了しない可能性がある問題を修正しました。
一部ユーザーの”アクティビティ”Appで、過去に獲得したアクティビティバッジの一部が”バッジ”タブに表示されない問題を解決しました。

なおアップデート「watchOS 5.1」を適用する場合は、次の条件を満たす必要があります。

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている
  • 親機がiOS 12.1以降を搭載したiPhone 5s以降であること

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top