楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch】watchOS 5.2.1アップデートがリリース 心電図アプリの対応エリア拡大など

スポンサーリンク

本日Apple Watch向けに、心拍数アプリや不規則な心拍数の通知の対応エリア拡大などを含む、watchOS 5.2.1アップデートがリリースされました。

スポンサーリンク

watchOS 5.2.1アップデートの内容と変更点

watchOS 5.2.1では、心電図アプリや不規則な心拍の通知の対応エリアの拡大が主となるアップデートとなりますが、いずれも日本は対応エリアに含まれていません。

唯一リリースノートに記載されている内容で影響のある変更点は「エクスプローラーの文字盤に数字が表示されない問題の修正」のみとなりそうです。またセキュリティアップデート(脆弱性の修正)も含まれているものと思いますが、執筆時点では詳細は発表されていません。

このアップデートには、以下の新機能、改善、およびバグ修正が含まれています:

* Apple Watch Series 4の”心電図”Appが、クロアチア、チェコ共和国、アイスランド、ポーランド、およびスロバキアで利用可能になりました
* 不規則な心拍の通知が、クロアチア、チェコ共和国、アイスランド、ポーランド、およびスロバキアで利用可能になりました
* 一部のユーザーでエクスプローラーの文字盤に数字が表示されない問題を修正しました

なおwatchOS 5.2.1アップデートを適用するには、次の条件を満たす必要があります。

  • iPhoneをWi-Fiに接続する
  • 充電器に接続されている
  • バッテリー残量が50%以上
  • 親機がiOS 12.2以降を搭載したiPhone 5s以降
  • Apple Watch Series 1 以降

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top