楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch】watchOS 5.2アップデートがリリース 一部の国で心電図アプリが利用可能に

スポンサードリンク

本日Apple Watch向けにAirPods(第2世代)の対応などを含む、watchOS 5.2アップデートがリリースされました。

watchOS 5.2アップデートの内容と変更点

watchOS 5.2では、AirPods(第2世代)の対応のほか、グアム、プエルトリコ、米国、アメリカ領ヴァージン諸島でのみ利用できる心電図アプリおよび不整脈の通知に対応しました。

・香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、Apple Watch Series 4の“心電図” Appを利用可能。利用可能な地域については次のサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/
・香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、“不規則な心拍の通知”を利用可能。利用可能な地域については次のサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/
・新しいAirPods(第2世代)に対応。

またCVE-ID基準で29件の脆弱性が修正されており、デバイスがスリープ状態になったときに、一部入力されたパスコードがクリアされないことがある問題などが修正されています。

Passcode
Available for: Apple Watch Series 1 and later
Impact: A partially entered passcode may not clear when the device goes to sleep
Description: An issue existed where partially entered passcodes may not clear when the device went to sleep. This issue was addressed by clearing the passcode when a locked device sleeps.

CVE-2019-8548: Tobias Sachs

引用:About the security content of watchOS 5.2

スポンサーリンク

なおwatchOS 5.2アップデートを適用するには、次の条件を満たす必要があります。

  • iPhoneをWi-Fiに接続する
  • 充電器に接続されている
  • バッテリー残量が50%以上
  • 親機がiOS 12.2以降を搭載したiPhone 5s以降
  • Apple Watch Series 1 以降

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top