楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch】初期設定とiPhoneとのペアリング方法

今回はAppleWatchとiPhoneをペアリングする、初期設定手順を解説します。
特にペアリングの方法が斬新で、とってもユニークな仕組みになっています。
これから初期設定をされる方であれば、手元にiPhoneとAppleWatchを用意した上で読み進めると良いかもしれません。

設定手順

ペアリングの手順に入る前に、AppleWach本体の言語設定を行わければいけません。
未だAppleWatchの電源を入れていない場合は、右側面下「サイドボタン」を長押しして電源をオンにしてください。
電源がオンになると、画面にリンゴマークが表示されます。

「日本語」→「チェックマーク」の順にタップ。

スポンサーリンク

ペアリング

AppleWatchとiPhoneをペアリングするには、iPhone側のiOSが8.2以上である必要があります。

ペアリング開始をタップ。

iPhoneでAppleWatchアプリのマイウォッチ画面内にある「ペアリングを開始」をタップし、カメラをAppleWatchに向けるとペアリングが始まります。

ペアリングを終えた後は「AppleWatchを設定」をタップし、装着する腕を選択。

利用規約が表示されるので、問題だければ同意してください。

iPhoneで使用しているAppleIDとパスワードを入力してください。

位置情報とSiriについての解説が表示されるので、OKをタップして読み進めて下さい。

診断についてはどちらを選択しても構いませんが、私はバッテリーの節約の為にも「送信しない」を選択しました。

AppleWatchのパスコードを設定します。数字の入力はAppleWatchの画面で行います。

最後にiPhoneにインストール済のアプリで、AppleWatch対応アプリをインストールするか聞かれるので、好みの方を選択してください。
後から手動選択する事も可能です。

後は同期が始まるので、終わるまでのんびり待てばAppleWatchを使いはじめる事が出来ます。

つぶやき


カメラをかざしてペアリング出来るのは珍しいですよね。
ちなみにAppleWatchにはスリープボタンがありません。
AppleWatchを一度腕から外す事でパスコードロックを掛ける事が出来るようになっています。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top