楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone6&iPhone6Plus】通話が高品質になるVoLTEをオンにする方法

iOS8.3から4G(LTE)回線で電話が出来るVoLTEがiPhone6とiPhone6Plus限定で使えるようになりました。
通話が高品質になる反面、デメリットもあるのでその辺りも詳しく解説していきます。

VoLTEって何?

VoLTEはVoice Over LTEの略称です。
これまで、電話をする時は3G回線が使われていましたが、VoLTEを使用することで4G(LTE)を使った通話が可能になります。
VoLTEでは、3G通話よりも高音の音声周波数帯を使えるので、電話での音声がよりクリア(高音質)になり、自然に近い音質になります。
また、電話の着信の反応速度も向上します。

音質の比較については、auが公開しているこちらの動画がわかりやすいです。

auの人は慎重に

これまでauでは、通話の音質が低いといった問題や通話中にデータ通信が出来ないといった問題がありましたが、VoLTEによってこれらの問題が解決しました。
ですが、auでVoLTEを使用する場合、3G回線での通信ができなくなる為、屋内や地下施設など電波のキャッチが弱い場所では圏外となる可能性があるので注意が必要です。

VoLTE設定方法

1.iOS8.3が必須

iPhone6/iPhone6PlusでVoLTEを使用するには、最新のiOS8.3が必須になります。
VoLTE以外にも、様々な不具合の解消やパフォーマンスの向上が行われているので、アップデートしておきましょう。

「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」からアップデートする事が出来ます。

スポンサーリンク

2.キャリアアップデート

「設定」→「一般」→「情報」をタップするとキャリアアップデートの確認が表示されます。

3.キャリアの設定

VoLTEの設定は、docomoを除くキャリアではWEBページから手続き(無料)が必要です。
ここではSoftBank版のみ解説するので、auの方とdocomoの方は「4.iPhone側の設定」に進んで下さい。
auの方はauVoLTE設定方法(外部サイト)を確認して設定を行ってください。

My SoftBankで「契約確認」をタップ。

オプションサービスの「変更」をタップ。

「VoLTEオプション」をタップ。

「次へ」をタップ。

同意するにチェックを入れて「申込」をタップ。

申し込み時間帯によっては、翌日からの使用になる場合もあります。

4.iPhoneの設定

キャリアページでの設定を終えた後は、iPhoneの設定を変更する必要があります。

「設定」→「モバイルデータ通信」をタップ。

4Gをオンにするをタップ。

「音声通話およびデータ」をタップ。

以上で設定は完了です。

つぶやき


VoLTEはどのキャリアも無料で使う事が出来ます。
通話の音質が聴いてハッキリわかるぐらい違いがあるので、是非一度試してみてくださいね。
一度設定をした後に通常の通信に戻したい場合は、「4.iPhoneの設定」で解説した手順で、最後の選択を「データ通信のみ」にする事で元に戻す事が可能です。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top