楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】CAVIARの新型「iPhone Z」のコンセプトには夢が詰まっている

スポンサーリンク
【iPhone】CAVIARの新型「iPhone Z」のコンセプトには夢が詰まっている

純金などを使った高級なiPhoneカスタムサービスを提供しているロシアの企業「CAVIAR」が、フレキシブルなiPhone Zとして、新型iPhoneのコンセプト映像を公開しています。現実には難しいかもしれませんが、夢が詰まった面白いコンセプトだったので紹介します。

CAVIARが考案するフレキシブル過ぎる新型iPhone Z

CAVIARが提案する新型iPhoneのコンセプトは「フレキシブル(柔軟性)」となっており、折りたたみ仕様を採用することで利用シーンに応じた最適なデバイスに変形できるユニークな端末になっています。

折りたたみを活かしたセルフィー撮影機能

折りたたみ仕様になった新型「iPhone Z」は、従来はインカメラを使って撮影する必要があったセルフィーも、高画質なバックカメラを使った撮影が可能に。

iPhoneがiPadに早変わり

折りたたみをすべて開くと、3876 x 2758ピクセル(215 mm x 153 mm)の大画面タブレットモードに変形。iPadを持ち歩く必要が無くなりそうです。

キーボード入力も楽々なラップトップモード

山を作るようにデバイスを折りたたむと、ディスプレイが立ち上がったノートパソコン風のラップトップモードに変形。キーボード入力も楽々。

スポンサーリンク

スタンド不要の自立できるスクリーンモード

ディスプレイの1面だけを折りたたんで立たせると、スタンド形状で映像を楽しめるスクリーンモードに変形。

これらの変形は、全て折り曲がった部分を自動的に認識して自動でモードが切り替わり、また年々細くなってきたベゼルも完全な「ゼロ」になるとのこと。

カメラはトリプルレンズ、Face IDとTouch IDの両対応

ディスプレイ正面にはFace IDドットプロジェクターと2つのデュアルカメラが搭載し、背面のメインカメラは15MPの広角対応メインカメラ、超広角カメラ、望遠カメラのトリプルレンズ設計。

セキュリティ認証にはFace IDだけでは無く、iPhone XSユーザーから声が挙がっている「Touch ID未搭載」に関する不満を解消すべく、ディスプレイ内部にTouch IDを搭載。

iPhoneもLightningからUSB-Cに

そしてついに、iPhoneの充電ポートもLightning端子からUSB-Cに変更。これに関しては割とありえる変更です。

純金メッキとダイヤによる高級感の演出

デザイン設計は、CAVIARらしく純金メッキを採用し、折りたたみ部分にはダイヤモンドを埋め込み、「Z」のシルエットを意識したグラフィックパターンに仕上がっています。

価格は約36万円、1台多役を考慮すると安いような気も..

これらの機能性とデザインを採用した「iPhone Z」の価格は、CAVIARが安く見積もって2900EUR(日本円で約36万円)としています。正直安く見積もり過ぎのような気もしますが、コンセプトなので価格も夢。

もちろんコンセプトとなるため実際に発売される訳ではありませんが、多くのユーザーの夢が詰まったデバイスに仕上がっています。なお、YouTubeではコンセプト映像が公開されているので、ぜひ興味がある方はそちらもご覧ください。

Source:CAVIAR

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top