SBAPP

【iPhone】非正規修理業者によるバッテリー交換後も正規の有償修理ができる方針に

Appleが非正規修理業者でバッテリー交換(修理)を行った端末について、有償修理の対象に含めたことがMacお宝鑑定団Blogにより明らかになりました。

非正規のバッテリー交換修理後も有償修理が受けられるように

これまで非正規修理業者でバッテリー交換を行った端末は、Appleの有償修理サービスの対象外とされていましたが、Macお宝鑑定団Blogによると、2019年2月28日より非正規修理業者でバッテリー交換を行った端末でも、有償修理サービスを受けられる方針に変更されたとのこと。

これにより、今後はサードパーティー製のディスプレイ(2017年3月の記事参考)やバッテリーを使用している場合でも、Appleの有償修理サービスを受けることができます。

修理規約では原則「AppleまたはApple 正規サービスプロバイダ以外の修理」はサービス対象外になっている。

ただし、非正規修理業者の修理によって、ロジックボードやLightningコネクタなどを他社の非純正品に交換した場合、有償修理サービスを受けられなくなる可能性があるとのことなので注意してください。

iPhoneユーザーの中には、Appleの修理サービスを受けられなくなることを知らずに、非正規修理業者で修理をした方もいるかもしれませんが、今後はそういったユーザーでもAppleの確かな修理サービスを受けることができそうです。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top