楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】メッセージの開封証明(既読)をオフにする方法

LINEでお馴染みの機能になった「既読」機能
iPhoneのメッセージ(メール)にも既読機能と似ている「開封証明機能」があります。
今回は開封証明についての解説と、開封証明をオフにする方法を解説します!

開封済み機能って?

メッセージを送信際に「相手に無事届いた通知」として「配信済み」が表示されます。
この通知をオフにすることは出来ません。
特に支障が出るような機能では無いので、問題は無いかと思います。

開封証明がオンの状態だと、画像のように「開封済み hh:mm」のように「メッセージを確認した時刻」が相手に通知されます。
LINEの既読機能と殆ど変わりません。

スポンサーリンク

必要?不要?

「メッセージを見たのに返信が来ない!何で!?」
と相手が思ってしまうのであればオフにした方がトラブル抑止になると思いますが、
「メッセージを見てくれただけでOK」
という相手であれば、開封証明をオンにして利用すると良いかもしれません。

ですが、相手によって開封証明のオンオフを適用する事は出来ないので、一括オンか一括オフで選ぶ事になります。
私としてはオフにしておいた方が気が楽だと思います・・!

設定のメッセージをタップ

開封証明を送信をタップ

以上で設定完了です。

使い方次第

例えば仕事用のiPhoneで社内の人とメッセージでやり取りする場合は、開封証明をオンにすると、「確認した」と送信側もわかるので、便利な機能になり得るかもしれません。
「見てもらえたかな・・」「返信来ないから電話しようかな・・」なんて考える必要も無くなります。

逆にプライベート用iPhoneであれば、「何で返信はくれないの!」なんてなる事の方が多くなると思うので、開封証明をオフにしておいた方が良いかもしれません。

使う用途に応じて設定も使い分けると便利です。

著者情報

Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント(承認制)

*

Return Top