楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【新機種】iPhone6Plus (Gold)を開封レビュー!大きくても手に持つと意外に悪くないかも?

本日発売のiPhone6Plus (Gold) を無事手に入れる事ができました。
早速開封している様子を何枚も写真に収めたので、隅から隅までご紹介します!

パッケージ

パッケージのデザインが一新されました。今まではiPhone本体の写真が描かれていたのですが、実機の形が浮かび上がったシンプルなデザインです。

側面はシンプルにiPhoneの文字。Gold版では金色の文字になっていました。

開封

開封するとiPhone6Plusが台座にハマっています。これは従来のiPhoneと同じ梱包方法ですね。
購入時は周りを包むようにフィルムが貼られています。
写真のフィルムは一度剥がしているので気泡が入っていますが、購入時は入っていません。

他にはEarPods、Lightningケーブル、アダプタが入っています。
当初噂されていたリバーシブルUSBのLightningケーブルは採用されなかったようです。

iPhoneに関する情報の用紙、本体の各ボタンの説明用紙、Appleステッカー、simトレイを空けるためのピンが同梱されています。

スポンサーリンク

本体

正面(画面)からでもわかるように、iPhone6/Plusはエッジ(縁)部分が丸く加工されています。
丸く加工されているおかげで大きくなったiPhoneを手に持っても、本体の角が手に刺さるような感覚はありませんでした。

左から順に「イヤフォン端子」「マイク」「Lightning端子」「スピーカー」となっています。

左側面はマナーON/OFFボタンとボリュームボタンが配置されています。

ボタンの拡大写真です。

上部はスリープボタンが別の場所に移動した為、何もなくサラッとしています。

右側面にはスリープボタンとSIMトレイがついています。画面が大きくなった故にスリープボタンが側面に移動したのでしょうか?

ボタンの拡大写真です。

裏面は従来通りのデザインでしょうか。背面のAppleロゴが消えていなくて一安心。このAppleロゴが良いですよね!

カメラレンズは従来と異なり、少し出っ張っています。カメラ部分のリングが金属なのでちょっぴり高級感があります。

ハンズオンの感想

手に持つとやっぱり大きさはかなりあります。
片手でササッと操作したい方であれば、iPhone6の方が良いかもしれません。
ただエッジ(縁)が丸み帯びていたり、厚みが減っている事から意外と「悪い」感じはしません。
この程度であれば使っているうちに慣れてしまいそうです。
個人的にはiPhone6Plusを買って良かったーと思っていますよ!

つぶやき

コメント(承認制)

*

Return Top