楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【新製品】iPhone 11 Pro ゴールドをレビュー、より美しく上品な色に生まれ変わったゴールド仕上げ

超広角撮影などに対応したトリプルレンズ搭載のiPhone 11 Proシリーズが本日発売されましたが、さっそくiPhone 11 Proゴールドモデルが手元に届いたのでレビューします。iPhone XSシリーズよりも美しく上品な色味に生まれ変わったゴールド仕上げに一目惚れ。

黒基調の高級感ある外箱

iPhone 11 Proシリーズのパッケージは高級感ある黒い外箱。iPhoneシリーズで一番多く採用されている白い外箱に比べると、開封前から重厚感と高級感が滲み出ています。

外箱の側面にあるiPhoneの文字、Appleのロゴはモデルによって色が異なるようで、私が購入したiPhone 11 Pro ゴールドは金色でプリントされていました。

私が購入したiPhone 11 Proはゴールドモデル。前代iPhone XS Maxでもゴールドを使用していました。
外箱側面の「iPhone」の文字も金色仕様。高級感が滲み出ています。
Appleのロゴももちろん金色。

付属充電器が18W USB-C電源アダプタにアップグレード

iPhone 11 Proシリーズのパッケージ内容は、iPhone 11 Pro本体、USB-C – Lightningケーブル、18W USB-C電源アダプタ、EarPods with Lightning Connector、スタートガイド、Appleステッカー。

充電機器以外はいつも通りの顔ぶれ。

iPhone 11 Proシリーズには、11インチiPad Proや12.9インチiPad Pro(第3世代)の高速充電も可能となる「18W USB-C電源アダプタ」が付属しています。

それに伴い、Lightningケーブルも従来の「USB-A – Lightningケーブル」から「USB-C – Lightningケーブル」に変更されています。

iPhone 11 Proは「18W USB-C電源アダプタ」が付属。単品価格で税別2,800円と良い値段の高速充電対応電源アダプタです。

より上品な色味と質感に変化したiPhone 11 Proゴールド

iPhone 11 Proは背面から”iPhone”の文字がなくなり、Appleのロゴが中央に寄せたシンプルで洗練されたデザインにリニューアルされました。

背面ガラスの質感もiPhone XSシリーズのツルッとしたガラスとは異なり、サラサラとしたマットな磨りガラスのような触り心地。指紋(皮脂)も目立ちづらいのでケースを装着せず使う人には特に好まれそうです。

背面はマットな磨りガラスのような質感。背面から「文字」が消え、よりスタイリッシュですっきりとした見た目。

本体サイズは幅71.4mm、高さ144.0mm、厚さ8.1 mmと片手で持ちやすいサイズ感。重量は約188gと若干ズッシリしていますが、本体サイズが小さいので手に持った時の重心が低く、手のひらにiPhone 11 Proがすっぽりと収まる感じがあり片手操作も快適です。

スポンサーリンク

トリプルレンズが鎮座するカメラ部分は透明な1枚ガラスに

iPhone XSまではレンズ部分が黒い1つのユニットになっていましたが、iPhone 11 Proのトリプルレンズ(超広角、広角、望遠)は1枚の透明なガラスで連結されており、レンズ1つ1つが独立しているような見た目になっています。

1枚の透明ガラスに変更した理由として、トリプルレンズのカメラが少しでもiPhoneに馴染むよう考えた結果かと思いますが、やはりレンズが3つ並ぶと存在感が強いことに変わりなく、次期iPhoneではもう一捻り頑張って革新的なカメラユニットに期待したいところです。

もしカメラ周りが1枚の黒いガラスだったら、カメラ部分が更に重たく見えそう。トリプルレンズも徐々に見慣れそうです。

タピオカ等と揶揄されているトリプルレンズではあるものの、カメラ性能は格段に向上しており、iPhone 11 Proで通常撮影と広角撮影した写真を重ねると、広角撮影による画角の差は一目瞭然です。

通常撮影と広角撮影の写真を重ねると、これだけの画角の差があり、予想以上で驚きました。

また暗い場所でも綺麗な写真を撮影できる夜間撮影モードも利用できますが、こちらについては近々夜間に写真を撮影して追記します。(真っ暗なクローゼット内で物が見えるぐらいの写真は撮影できましたが、載せられるものじゃないので..)

センサーハウジングや側面には大きな見た目の変化は無し

iPhone 11 Proは前面カメラも12MPカメラにアップグレードされていますが、センサーハウジング部分は見た目での大きな変化はありません。もちろん切り欠け(ノッチ)も健在です。

Lightning端子部分やスピーカーグリルも変化は無いものの、スピーカー性能自体はサラウンドシステム「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応するなどアップグレードされています。

スピーカーはDolby Atmos対応。ただ、スマートフォンでDolby Atmos音源を再生したところで臨場感が大きく変化するのかは疑問。これに関しては後日聴き比べをしてみます。
音量調整ボタン、サイレントスイッチ、サイドボタンに関しては目立った変化は無く、クリック感も同じ。

iPhone 11 ProとiPhone XSのゴールドは質感と色ともに別物

旧機種のiPhone XSゴールドモデルは、全体がうっすらとピンクが混ざったような色味でしたが、iPhone 11 Proはシルバーとゴールドを混ぜたような色味のゴールドです。iPhone XSよりもラグジュアリーな雰囲気が感じられます。

カメラ性能の進化、アプリの起動速度や処理速度の向上を体感

iPhone 11 Proを手にしてから数時間程度となるため、執筆時点で体感している大きな進化はカメラ性能(広角撮影、夜間撮影等)の進化、アプリの起動速度や処理の高速化(処理速度向上)、指紋が付着しづらい背面ガラスぐらいです。

iPhoneのスペックやクオリティは申し分ありませんが、トリプルレンズカメラによる写真撮影にどれだけの価値を見いだせるかが、購入するかどうかの決め手になりそうです。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。

理想は「誰が読んでも悩みを解決できる記事」を書き上げることですが、不具合等の対処法をお伝えする記事では、確定的な解決方法をお伝えすることが難しい場合もあります。そういった際は「可能な限り解決の糸口に繋がる情報を凝縮した記事」をお伝えできればと思います。

コメント(承認制)

*

Return Top