楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【新製品】iPhone XS Max ゴールド購入レビュー 確実に完成度を高めた「iPhone X」だった

スポンサーリンク

本日iPhone XS、iPhone XS Maxが発売され、無事に予約していた「iPhone XS Max」を発売日である本日入手することができたので、さっそくレビューをお届けします。

iPhone X 256GBからiPhone XS Max 64GBに

今回はiPhone XS Maxゴールドカラーの64GBモデルを購入しました。

以前はiPhone X 256GBを使用していましたが、今回を機会にクラウドサービスのフル活用、クラウドサービスの良し悪しの勉強も兼ねて64GBモデルを選択しました。

今までは漠然と256GBモデルを購入していましたが、今回のiPhone XS Max 256GBと64GBモデルの価格を比べると、ストレージ容量192GBの違いで14,000円もの差があります。

仮に来年の新型iPhoneの購入を前提にすると、約190GBのストレージ容量を月額1,166円で契約しているようなもので、これはiCloudの追加ストレージ2TB/月額1,300円と大差ない金額です。

筆者の場合、iPhone Xのストレージ容量の多くを写真等のメディアファイルが占めていたこともあり、まず50GB/月額130円の追加ストレージを購入し、写真データをiCloudに退避、必要に応じて都度iCloud追加ストレージのアップグレードをすることにしました。

追加ストレージ50GBのまま1年使い続ける場合の年額は1,560円程度、256GBモデルを購入した場合と比べると1年間で12,440円も浮きます。これが今後毎年続くと思うと大きな差です。

もし私のように、ストレージ容量の大半を写真などメディアファイルで消費しているのであれば、クラウドストレージの導入を前向きに検討してみると良いと思います。

ストレージ容量 価格 最安モデルとの差額
64GB 124,800円 0円
256GB 141,800円 17,000円
512GB 164,800円 40,000円

付属品からLightning3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタが消える

早速iPhone XS Maxを開封。この時点ではiPhone Xとサイズ以外の大きな違いはありませんが、iPhone X Maxのフチからゴールドカラーのフレームがキラリと光っています。

いつもお馴染みのマニュアルやSIMピン、ステッカーなども特に変化はありませんでした。

標準付属品ACアダプタ、Lightningケーブル、Lightning EarPodsの3つ。今回から有線イヤホンをLightning接続できるアクセサリ「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が姿を消しました。

ゴールドカラーは白っぽい上品な仕上がり、スピーカーの音質は確実に進化

今回購入したゴールドカラーは思っていたよりも白っぽく、ギラギラとした金色というよりも上品さを感じる色味です。

カメラレンズはiPhone Xと同じく縦に連なっており、ポートレート撮影後の深度コントロール、より繊細なスマートHDR対応等、ソフトウェア面でカメラ性能がパワーアップしています。

スポンサーリンク

実際に深度コントロールを試してみたところ、f値はf1.4〜f16の範囲で自由に調整ができました。その場でポートレート写真をサッと撮影して、後から腰を据えて微調整ができるようになったのは嬉しいです。

スピーカーの音質も改善されていて、iPhone XS MaxとiPhone Xで音楽を聴き比べてみると、iPhone XS Maxが低音の厚み、音の広がりに優れていて、両機種の音質の違いを簡単に聞き分けることができるぐらい、体感できるレベルの違いがありました。

また上部と下部に1本ずつ増えたアンテナラインの影響で、スピーカーやマイクが内蔵されているグリル部分のホール(穴)の数が左右非対称になっていました。

iPhone XやiPhone 8から機種変更する場合はサイズの違いに覚悟が必要

iPhone XS MaxはiPhone XやiPhone 8に比べると一回り大きくなっており、もしこれらの端末からiPhone XS Maxへの機種変更を検討している場合は、サイズ感の違いだけは注意が必要です。

ディスプレイサイズが大きくなったことで1画面で表示できる情報量が増えたものの、ホーム画面の上2段に並ぶアプリ、画面左上に表示される前の画面に戻るボタンは片手でタップすることが難しいです。

対策としてホームバーを下にスワイプして、画面を下半分に引き下げる方法もありますが、片手操作の快適度を求めるならiPhone X/iPhone 8のサイズ感で扱えるiPhone XSを検討した方が良いかと思います。

左:iPhone XS Max
右:iPhone X

iPhone XからiPhone XS Maxに乗り換えての感想

iPhone 7以前の古い機種を使用している、あるいは大画面(Plusサイズ)のiPhone Xを求めているなら、iPhone XS/Maxの購入を前向きに検討しても良いかと思いますが、iPhone X/8を使用しているなら、無理に乗り換える必要は無く、来年の新型iPhoneの発売を待った方が良いかもしれません。

結局のところ、今回はiPhone XのS系アップグレードで目新しい進化を遂げた新型iPhoneでは無く、確実に完成度を高めた「iPhone X」にしか過ぎません。

iPhone X/8からiPhone XS/Maxに乗り換えるユーザーは「Appleの製品が好きなコアな層」「新しいガジェットが好きなギークな層」「取り敢えず最新の物を持ちたい層」「大きな画面のiPhone Xを求めていた層」が大半だと思います。

もしかするとiPhone XS Maxを日常使用する過程で突出した素晴らしい何かに気がつくかもしれませんが、その際はまた改めて記事で報告します。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top