楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone X】アプリのiPhone Xの画面サイズ対応が2018年7月より必須化

スポンサーリンク

Appleが既存アプリのアップデートを含むApp Storeに提出するすべてのアプリに対して、7月よりiPhone X(iOS 11 SDK)の完全対応を必須とする旨を発表しました。

既存アプリもiPhone X対応が必須に

iPhone Xには5.8インチのSuper Retinaディスプレイ、センサーハウジングによる画面上部の切り欠け(ノッチ)、従来のホームボタンの役割を果たすホームインジケーターなど、旧機種と大きく異なる特徴が幾つもあります。

スポンサーリンク

App Storeに提出される新規アプリについては、4月よりこれらの特徴を併せ持つiPhone Xの対応が必須となる旨を2月頃に発表していました。

Starting April 2018, all new iOS apps submitted to the App Store must be built with the iOS 11 SDK. All new apps for iPhone, including universal apps, must support the Super Retina display of iPhone X.

引用:Submitting iOS apps to the App Store – Apple Developer

既存アプリについては、必須化には至らずiPhone X対応が推奨されていた状況が続いていましたが、今年7月以降から既存アプリのアップデートを含む、すべてのアプリでiPhone X(iOS 11 SDK)の対応が必須となる旨を本日Appleが発表しました。

iOS 11 delivers innovative features and the redesigned App Store to hundreds of millions of customers around the world. Your apps can deliver more intelligent, unified, and immersive experiences with Core ML, ARKit, new camera APIs, new SiriKit domains, Apple Music integration, drag and drop for iPad, and more. Starting July 2018, all iOS app updates submitted to the App Store must be built with the iOS 11 SDK and must support the Super Retina display of iPhone X.

引用:Upcoming iOS 11 App Update Requirements

iPhone X対応でコストや工数が増加しがちなゲームアプリなどでは、現在もiPhone Xの画面サイズに対応していないものが多く見受けられますが、今回の発表を受けて7月頃までには対応アプリがグッと増えそうです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top