楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iTunes12】iPhoneの同期はWi-Fi経由ですればサボりがちな方でも大丈夫かも?

皆さんはiPhoneやiPadの同期をしていますか?
「PCとiPhoneを有線接続するのが面倒で同期をしていない..」という方であれば、設定を変更する事でWi-Fi経由でPC同期をする事が可能です。
同期の度にACアダプタからLightningケーブルを外して、PCに接続…なんて事をしている人は、これから紹介するWi-Fi同期を使ってみてはいかがでしょうか?

Wi-Fi同期の条件

  • PC側がiPhoneと同じWi-Fiネットワークに接続していること
  • iTunes12が起動していること
  • iPhoneが電源に接続されていること

この3つが条件となります。

Wi-Fi同期で出来る事

  • itunesとの同期
  • 購入した項目の転送
  • バックアップ

となっており、有線接続と出来る事は殆ど変わりません。
ただし、iTunes経由でiOSをアップデートする際はLightningケーブルでの有線接続が必要です。
同期や転送速度も有線よりは遅めになってしまうので、その点だけはご注意ください。

スポンサーリンク

Wi-Fi同期をするための事前準備

iTunesとiPhoneをLightningケーブルで接続し、「Wi-Fi経由でこのiPhoneとの接続」にチェックを入れて「適用」をタップする。

適用後はPCとiPhoneのLightningケーブルを外しても同期が可能になります。

iPhone側から同期をする方法

iPhone側から同期をする事も可能です。
自室でiTunesを起動した状態であれば、別室から同期をする事も可能です。

「設定」→「一般」をタップ。

「iTunes Wi-Fi同期」をタップ。

「今すぐ同期」をタップ。

同期中はステータスバーに同期アイコンが表示されます。

つぶやき


同期用Lightningケーブルを別途用意されている方であれば、有線接続一択になると思います。
ただ、1本のLightningケーブルを充電&同期で使いまわしている方で、何度も抜き差しが必要な環境の場合はWi-Fi同期がお勧めです。
自室のPCとiTunesを起動しておけば、夕飯準備の合間にリビングで同期..なんて事も可能です。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top