楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS14.4】楽天モバイルの副回線が圏外になる問題が改善、iPhone X以前は圏外継続

iOS14.3以降、デュアルSIMに対応したiPhone 12シリーズで副回線に設定した楽天モバイルが圏外になる問題が報告されていましたが、先日リリースされたiOS14.4アップデートを適用したユーザーから圏外が直ったとの声が増えています。

副回線の楽天モバイルが圏外になる不具合

iOS14.3以降、デュアルSIMに対応したiPhone 12シリーズで副回線に楽天モバイルを設定し、モバイルデータ通信を主回線(他社SIM)を設定した場合に圏外になる不具合が生じていました。

iOS 14.3のiPhone12シリーズ(iPhone 12/iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max/ iPhone 12 mini )で、モバイル通信設定にて、楽天モバイル(楽天回線)を副回線として「オンにせずご利用になっている」場合、データ通信ができなくなる事象が報告されております。

引用:楽天モバイル

対処としてモバイルデータ通信に副回線(楽天モバイル)を設定することで圏外は回避できましたが、「モバイルデータ通信は他社SIM、インターネット共有は楽天モバイル」といったモバイルルーターのような使い方はできない状況が続いていました。

スポンサーリンク

iOS14.4で副回線の楽天モバイルの圏外が直ったとの声

2021年1月29日執筆時点、楽天モバイルから関連する続報は発表されていませんが、iPhone 12シリーズをiOS14.4にアップデートを適用したユーザーから「副回線の楽天モバイルの圏外が直った」との声が多く挙がっており、今回リリースされたiOS14.4で圏外が解消され繋がるようになったようです。

iPhone X以前の機種はiOS14.4でも圏外

iPhone X以前の機種でキャリアバンドルファイル(.ipcc)の書き換えることで楽天モバイルを利用する方法は、iOS14.3から引き続きiOS14.4時点でも圏外は改善できない為、iPhone X以前の機種且つiOS14.2以前で楽天モバイルを利用している場合は、iOS14.4アップデートを適用しないようにしてください。

※ iOS14.3以降でも楽天モバイルを利用する方法も確認していますが、前提としてリスク(Appleの製品保証対象外になること、セキュリティが低下する恐れなど)を伴う脱獄が前提となる為、当ブログでは解説を控えます。

追記(2021/02/01)
TMSI解除モードに対応したSIMロック解除アダプタを使用することでiOS14.4をインストールしたiPhone X以前の機種でも楽天モバイルを利用できるとの報告があります。ただし、非公式の開通手順となるため不具合等が生じる可能性、正常に動作しない可能性もありますので自己責任で。

※ SIMロック解除アダプタを噛ませてSIMを挿入し表示される画面でJP DCMTMSI AUTO MODEの順に選択。iOS14.2以前のプロファイルを削除。新しく生成したプロファイル(ASEINetでAPNにrakuten.jp、IPv6版にチェック入れて生成。他は空欄)をインストール。

※ 黒画面が表示されない場合は設定モバイル通信SIM APPTSMI MODEの順に操作で黒画面が表示。

※ 詳しい手順はblogspotで公開されている記事を参考にしてください。

関連記事【iOS14.4】アップデートの新機能と変更点、不具合や評判のまとめ

コメント(承認制)

*

Return Top