楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS 14パブリックベータにアップデート・インストールする方法

2020年7月10日、Appleが今秋リリース予定の最新ソフトウェアアップデート「iOS 14」のパブリックベータ版を公開しました。本記事ではiOS 14をいち早く試しフィードバックを送りたいユーザー向けに、Apple Beta Software Programの登録、iOS 14パブリックベータにアップデートするまでの手順を解説します。

※ パブリックベータ版はフィードバックを目的としたもので一般向けに配信されているアップデートではありません。そのため予期せぬ動作や不具合、サードパーティーアクセサリーやアプリとの互換性問題、不具合が生じた際の自己解決力が求められるので、試す場合は必ずサブ機などを用意してください。

アップデート前にバックアップの作成、アーカイブ化

iOS 14パブリックベータを試す場合、アップデートを適用する前に現在のデバイスのフルバックアップを作成し、今後のアップデートや同期をした際にバックアップが上書きされないようアーカイブ化するようにしてください。

バックアップのアーカイブ化は、iTunesのメニューバーから環境設定を開き、デバイスで作成したバックアップを右クリックして、メニューのアーカイブから設定できます。

もしmacOS Catalina 10.15、もしくはmacOS Big SurにアップデートしたMacを使いの場合は、FinderでiPhoneのバックアップを作成し、バックアップを管理からバックアップのアーカイブ化を行うようにしてください。

スポンサーリンク

iOS 14パブリックベータ版のプロファイルダウンロード、インストール

iOS 14 パブリックベータを試す場合、まずApple Beta Software Programの登録とプロファイルのダウンロード・インストールが必要になります。

Appleの公式サイト(Apple Beta Software Program)にアクセスし、Apple Beta Software Programに初めて参加する場合は登録をタップ、過去に利用したことがある場合はサインインをタップしてプロファイルダウンロード画面まで進んでください。

Apple Beta Software Programの登録、もしくはサインインを済ませるとパブリックベータ用ガイドが表示されるので、iOSページ内の中段にあるリンクお使いのiOSデバイスを登録をタップし、プロファイルをダウンロード許可の順に操作してダウンロード。

iPhoneの設定一般プロファイルからiOS 14 & iPadOS 14 Beta Software Profile選択し、画面右上のインストールをタップすると再起動するよう案内が表示されるので、iPhoneを再起動してください。

iPhoneの再起動後、設定一般ソフトウェア・アップデートをタップするとiOS 14 Public Betaのアップデートのダウンロード、インストールを進めることができます。

コメント(承認制)

*

Return Top