楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】WWDC 2019で発表されたiOS 13の新機能など詳細まとめ

スポンサーリンク

本日、AppleがWWDC 2019にて次期iOSメジャーアップデート「iOS 13」の新機能や変更点を発表しました。噂になっていたダークモードや様々なアプリのリニューアルなど、かなり大きな規模のアップデートとなりそうです。本記事ではWWDC 2019で発表されたiOS 13の詳細について紹介します。

パフォーマンスの向上によりアプリのダウンロードサイズが縮小

iOS 13ではFace ID認証によるロック解除が30%高速化され、App Storeのアプリのダウンロードサイズが最大50%、アプリのアップデートサイズが最大60%小さくなり、アプリの起動速度が2倍まで高速化されます。主にモバイルデータ通信を使用しているのであれば、データ通信量の大きな節約に繋がりそうです。

ダークモードはサードパーティーアプリもサポート

iOSシステム全体が黒基調のUIとなり、暗い場所でより目に優しい「ダークモード」が追加されます。
ダークモードではカレンダーやスケジュール、メモアプリなどの標準アプリをはじめとし、サードパーティーアプリもダークモードで利用することができます。(デベロッパーによる対応が必要)

またダークモードは手動でオンオフ切り替えることができる他に、スケジュールによる自動動作設定もできます。

Safari、メール、メモアプリがより便利に進化

Safariではウェブサイトごとに表示サイズやデスクトップ用サイトの表示など、各種設定が保持できるようになります。

メールアプリでは、中央寄せや太字などの変更ができるフォーマット画面が追加されます。またメモアプリには、新しくギャラリービューが追加されます。

スポンサーリンク


一から作り直されたリマインダーアプリ

リマインダーアプリは完全に刷新され、これまで以上に日時や場所などのフラグを簡単に追加することができるようになります。

またメッセージアプリとの密な連携により、リマインダーに名前をタグ付けすることで、メッセージ送信時にリマインダーを表示するよう設定することもできます。

マインダーに名前をタグ付けすることなどができるようになります。

より情報の精度が高くなったマップアプリ(米国)

iOS 13ではマップアプリのベースマップが作り直され、これまで以上に詳しい道路情報、正確な住所、詳細な地図情報を確認できるようになりました。また街中を3Dで歩いているかのような体験ができる3Dビューモードが追加されます。(ストリートビューのようなもの)

マップアプリの刷新は2019年末までに米国全域、その他の地域は2020年を目処に展開予定となっており、日本でリニューアルされたマップアプリを使えるのは少し先になりそうです。

位置情報サービスのプライバシー強化

位置情報サービスのプライバシー強化として、一度のみ位置情報の使用を許可し、二度目以後は再び使用許可を求める新しいオプションが追加されます。

またWi-FiやBluetoothによる位置情報特定の保護、バックグラウンドで位置情報をトラッキングしている場合のアラート機能などの追加が行われます。

「Appleでサインイン」の追加

最近のアプリでは、GoogleアカウントやFacebookアカウントなどの連携を前提とし、個人情報(名前やメールアドレス)の取得許可を求めるものも多いですが、iOS 13ではよりセキュアな「Appleでサインイン」が追加されます。(デベロッパーによる対応が必要)

Appleでサインインでは、従来のように名前やメールアドレスの取得可否を選択できるほか、登録用の使い捨てメールアドレスの作成にも対応しており、自身が使用している本メールアドレスを漏らすこと無く、アプリを使用することができるようになります。

HomeKitがセキュリティカメラ(監視カメラ)やルーターをサポート

iOS 13ではHomeKitがセキュリティカメラ(監視カメラ)をサポートします。セキュリティカメラの処理データはソフトウェア上で暗号化処理が行われ、よりセキュアな情報としてiCloudにアップロードされ、過去10日間の録画データの確認などができます。

またルーターを狙った悪意ある攻撃をシャットアウトすることができる、HomeKit対応ルーターが登場します。

スポンサーリンク

メッセージのプロフィール写真の共有が可能に

自身の連絡先に設定した自分の情報(プロフィール写真や名前)を共有できるようになり、連絡先を登録していない人にも自分の情報を表示することができるようになります。なお、自分の情報の共有範囲は自身でコントロールすることができます。

Memojiのカスタマイズ要素の増加とステッカー対応

Memojiに新しいヘアスタイルや帽子、化粧やピアスなどのアクセサリーなどのカスタマイズ要素が追加される他、iMessageや対応アプリで使える「Memojiステッカー」が追加されます。またMemojiステッカーを簡単に貼り付けることができる、専用のステッカーキーボードも併せて追加されます。

より直感的に操作できる動画像編集機能、ベストな写真を見つけやすい写真ライブラリ

カメラのポートレートモードに、より美しいモノクロ写真を撮影できるHigh-Key Monoエフェクトが追加されます。また写真の加工でつかえる多くの編集機能が動画でも使えるようになり、エフェクト効果の強弱などもより直感的に操作できるようになります。

写真ライブラリも大きく刷新され、機械学習によって選ばれたベストな写真を日別や月別に確認できるタブ、大量の写真に埋もれたベストな写真をズーム操作で簡単に見つけることができるハイライトビューなどが追加されます。

AirPods装着中に届くメッセージの読み上げや返信、音楽共有など

iOS 13では、AirPods装着中に届いた受信メッセージをSiriで読み上げや返信ができるようになるほか、iPhone同士を近づけることで視聴している音楽を共有できるようになります。

HomePodsがHand off機能に対応しiPhoneの音楽操作を引き継ぎ可能に

Appleのスマートスピーカー「HomePods」でHand off機能が追加され、iPhoneをHomepodsに近づけるだけで音楽操作などを引き継ぐことができるようになります。

また10万を超えるラジオ局の再生、家族を識別して個別に最適な音楽提案などができるようになります。

スポンサーリンク


地図や音楽などを1画面で操作できるCarPlayダッシュボード

地図、音楽、Siriなどの機能を1画面で使えるCarPlayダッシュボードが追加されました。また新しいカレンダーアプリによるスケジュール確認ができるほか、音楽のプレイリストもより見やすくなりました。

これまで以上に人間に近い自然な抑揚を再現したSiri

これまでの行動履歴に基づいて、Siriショートカットを雛形に沿って簡単に作ることができる自動化の提案がショートカットアプリに追加されます。

またSiriの音声がNeuralTTSによるソフトウェア生成に対応し、これまで以上に人間に近い、自然な抑揚などを再現した音声に向上します。

iOS 13の対応機種とリリース時期について

iOS 13は、以下の機種でアップデートを適用することができます。なお、リリース時期は秋頃を予定とのこと。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPod touch (7th generation)

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top