楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS 13】Safariのダウンロードマネージャーの保存先にiCloud Driveなども設定可能

スポンサーリンク

iOS 13でSafariに追加される新機能、ダウンロード管理機能(ダウンロードマネージャー)では、保存先にiCloud Driveなどのクラウドストレージを設定することができるようです。

Safariに追加されるダウンロードマネージャー機能とは

iOS 13でSafariに追加されるダウンロードマネージャー機能は、ダウンロード中のファイルのステータス(状況)の確認、バックグラウンドでのファイルダウンロード、ダウンロードファイルをメールなどにドラッグアンドドロップで添付などができる新機能です。

Download Manager
Check the status of a file you’re downloading, access downloaded files quickly, and drag and drop them into a file or email you’re working on. You can even download files in the background while you get work done.

(意訳)
ダウンロードマネージャー
ダウンロードしているファイルの状況の確認し、ダウンロードしたファイルにすばやくアクセスして、作業中のファイルまたは電子メールにドラッグアンドドロップできます。また作業中にバックグラウンドでファイルをダウンロードすることもできます。

引用:iOS 13 Preview

スポンサーリンク

クラウドへの直接ダウンロード・保存にも対応

ダウンロードマネージャーは、保存先としてiPhoneのローカルストレージだけでは無く、iCloud Driveも指定することができ、設定Safariダウンロードから保存先を変更できるようです。

また項目Other(その他)があることから、保存先にサードパーティーアプリのDropboxやGoogleドライブも設定できる可能性が高そうです。

img via:reddit

他にも多数の機能追加や変更が行われるSafari

iOS 13では、Safariに様々な新機能の追加、既存機能の変更等が多く行われる見込みとなっており、AppleのiOS 13 Previewだけの情報でも11の新機能や変更が明らかになっています。

  1. スタートページのリニューアル
  2. ダウンロードマネージャー(本記事で紹介した新機能)
  3. 写真アップロード時のサイズ変更機能
  4. テキストサイズなどの変更をサイトごとに設定できる表示メニューの追加
  5. ウェブサイト単位で位置情報やカメラなどのプライバシー、表示ウェブサイト(モバイル/デスクトップ)などの設定保存機能
  6. ウェブサイトのテキストを素早くズームイン・ズームアウトできるページズーム機能
  7. 開いているタブのセットをブックマークとして保存できる機能
  8. タブとして既に開いているウェブサイトを重複して開こうとすると、既存のタブを自動で開く機能
  9. ウェブページをリンクとして共有できる拡張されたEメール共有オプション
  10. 強度の弱いパスワードの警告機能
  11. iCloudと同期されたタブのエンドツーエンドの暗号化機能

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top