楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】「接触通知地域が変更されました」の意味と原因、不具合解決までは通知を無視

iPhoneに接触確認アプリ「COCOA」をインストールしている一部のユーザーから、画面に「接触通知地域が変更されました」といった通知が表示される事例が報告されています。

誤検知により「接触通知地域が変更」が表示される

iPhoneに接触確認アプリ「COCOA」をインストールしている場合、移動時やiOSアップデート適用後に下記の通知「接触通知地域が変更されました」が突然表示される場合があります。

接触通知地域が変更されました
COVID-19接触通知はこの地域では”接触確認アプリ”に対応していない場合があります。どのAppを使用しているか”設定”で確認してください。

Exposure Notifications Region Changed
COVID-19 Exposure Notifications may not be supported by “Corona-Warn” in this region.You should confirm which app you are using in Settings.

本来は滞在している地域にインストール済みの接触確認アプリが対応していない場合のみ表示されるものですが、接触確認アプリに対応したiOS13.5〜iOS13.6では、誤検知により上記の通知が表示されることがあります。もし通知が表示された場合は、通知を無視(OKをタップ)して無視して問題ありません。

スポンサーリンク

Appleも問題を認識済み、iOSアップデートで改善予定

誤検知により通知「接触通知地域が変更されました」が表示される問題は、日本だけでは無く海外でも多数報告されており、ソフトウェア開発のプラットフォームGitHubでも復数の報告が寄せられています。(1/2/3

GitHubに寄せられた投稿を読むと、誤検知の原因はフレームワーク(Exposure-Notification-Framework)にあり、既にAppleも問題を認識しており間もなく修正される予定とのこと。またこの通知が表示された場合は、先ほどお伝えしたように通知そのものを無視して構わないとしています。

This alert and a not enough space error comes from the Exposure-Notification-Framework. This is a bug by Apple and already reported and will be fixed soon. You can ignore this message it will not affect the exposure notification. You can check under settings->data protection-> health-> covid19 the exposure notification is always on.

引用:GitHub

根本的な問題解決にはAppleの対応を待つ必要があるので、問題が改善されるまでは通知を無視して接触確認アプリを使い続けるほか無い状況です。(アプリの再インストール等の必要はありません)

コメント(承認制)

*

Return Top