楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS13.7でも接触通知にはCOCOAが必要、厚生労働省も削除しないよう案内

先日配信されたiOS13.7アップデートで、新たな接触通知の仕組み「Exposure Notification Express」に対応し、各所で「アプリ無しで接触通知の受信が可能」と題した記事が公開された影響により、一部で「iOS13.7アップデートでCOCOAが不要になった」との誤解が広まっています。

日本で接触通知を受信するにはCOCOAのインストールが必須

iOS13.7では、公衆衛生機関の接触確認アプリの開発・維持の負担を減らすことを目的として作られたフレームワーク「Exposure Notification Express(以下ENE)」の対応が行われました。

ENEを使った接触通知システムに対応している国や地域の場合、設定接触通知使用する国/地域が設定されていません別の国/地域を追加から選択することで接触通知をオンにできますが、対応していない地域の場合は「接触通知を現在使用できません」と表示されます。

また接触確認アプリCOCOAでも採用しているフレームワーク「Exposure Notification System(以下ENS)」を使って開発されたアプリが配信されている場合は、画面に「この国/地域には接触通知Appがあります」と表示されApp Storeに誘導される仕組みになっています。

日本では接触確認アプリのダウンロードが案内されます。案内に沿って操作を進めるとCOCOAのダウンロード画面に遷移します。

上記手順で「この国/地域には接触通知Appがあります」と表示された場合は、選択した国や地域ではOS単体(ENS)による接触通知は提供されていないため、画面の案内に従いApp Storeより接触確認アプリをダウンロード〜設定する必要があります。

スポンサーリンク

厚生労働省「COCOAをアンインストールしないで」

厚生労働省にも問い合わせが相次いでいるのか、公式サイトの「接触確認アプリ利用者向けQ&A」にも接触通知を受け取るには接触確認アプリをアンインストールせず、引き続き使用を継続するよう案内しています。

iOS13.7では、接触確認アプリをインストールしなくても接触の通知を受け取ることができると聞きましたが、本当ですか。

iOS13.7でも、接触確認アプリがなければ新型コロナウイルス感染症に陽性と診断された方との接触について通知を受け取ることはできません。すでに接触確認アプリをご利用の方は、アンインストールせずにご利用ください。

引用:厚生労働省

接触確認アプリをインストールしていない端末を、iOS13.7にアップデートしました。「設定→接触通知→COVID-19診断を共有」に進むと、「“COCOA-新型コロナウイルス接触確認アプリ“規約」という画面が表示され、「同意する」を押しても接触確認アプリのインストールや利用ができませんでした。接触通知の機能を利用するにはどうすれば良いですか。

iOS13.7でも、接触確認アプリをApp Storeからインストールし、利用規約等に同意をして利用を開始していただかなければ、接触通知の機能をご利用いただけません。App Storeを立ち上げ、「接触確認アプリ」と検索し、インストールをお願いいたします。

引用:厚生労働省

もしiOS13.7アップデート適用後にCOCOAをアンインストールした場合は、改めて接触確認アプリをApp Storeよりダウンロードし設定するようにしてください。

App Storeで「COCOA」をダウンロード

関連記事【iOS13.7】アップデートの新機能と変更点、不具合や評判のまとめ

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top