楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS 13.6 beta 3などが開発者向けに配信、正式版に向けて微細な調整が続く

Appleが開発者向けにiOS 13.6 beta 3、iPadOS 13.6 beta 3、macOS Catalina 10.15.6 beta 3など、各種最新ソフトウェアのベータアップデートを開発者向けに配信しました。

また一部のiOS 13.6 beta 3などについては、Apple Beta Software Program登録者向けにパブリックベータ版がリリースされています。

  • macOS Catalina 10.15.6 beta 3 (19G60d)
  • iOS 13.6 beta 3 (17G5059c)
  • iPadOS 13.6 beta 3 (17G5059c)
  • watchOS 6.2.8 beta 3 (17U5559d)
  • tvOS 13.4.8 beta 3 (17M5558b)

新機能などは確認されず、微細な調整が続く

今回開発者向けに配信されたiOS 13.6 beta 3は、前回から特筆すべきような機能追加や改修は確認されておらず、正式版のリリースに向けてバグの修正など細微な調整が行われたものと思われます。

なお、前回のiOS 13.5 beta 2までの時点では、ヘルスケアに新しく症状セクションが追加された他、iOS自動アップデート機能で自動ダウンロードと自動アップデートを切り分けてオンオフできるようになるなど、実用的な機能やオプションの追加が確認されています。

スポンサーリンク

iOS 13.6で最も楽しみにしている自動アップデート機能の改善

iPhoneの設定ソフトウェア・アップデートでは、夜間の就寝時間中にiOSを自動アップデート機能を使用できますが、自動アップデート中に問題(文鎮化)が生じると翌朝に影響が生じるため、自動アップデートを機能を使わずに口コミなどを確認してから手動でアップデートを適用している方も多いかと思います。

iOS 13.6では、上記のiOSアップデート機能の弱点が解消される見込みとなっており、自動アップデート機能が「iOSの自動ダウンロード」と「iOSの自動アップデート」の2種類のオプションに分けられ、夜間にiOSアップデートを自動ダウンロード、アップデートの適用操作のみ手動で実行するといったことができるようになる見込みです。

img via:MacRumors

私自身、iOS 13.6で一番楽しみにしている新機能の一つなので、正式版のアップデートリリースが待ち遠しいです。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。

理想は「誰が読んでも悩みを解決できる記事」を書き上げることですが、不具合等の対処法をお伝えする記事では、確定的な解決方法をお伝えすることが難しい場合もあります。そういった際は「可能な限り解決の糸口に繋がる情報を凝縮した記事」をお伝えできればと思います。

コメント(承認制)

*

Return Top