楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Safariでウェブ上のQRコードを読み取る方法 – iOS11新機能

iOS11ではカメラアプリにQRコード読み取り機能が追加されましたが、標準ブラウザアプリ「Safari」でも、カメラ同様にウェブ上のQRコードを読み取ることが出来るようになりました。

これまではQRコードを画像として保存し、QRコードリーダーアプリ等で開き直す必要がありましたが、iOS11以降であればその必要はありません。

iOS 10以前は、QRコード画像は「保存」と「コピー」しか出来なかった。
iOS 10以前は、QRコード画像は「保存」と「コピー」しか出来なかった。
スポンサーリンク

iOS11ではウェブ上のQRコード読み取りが可能に

iOS11以降の場合、SafariでQRコードを長押しすることでQRコードを読み取ることができます。QRコードの読み取り結果がURLの場合は“URL”を開くをタップすることで、新規タブでウェブページを開くことができます。

URL以外のQRコードにも対応しており、例えばテキストの場合はWebを検索、連絡先であれば連絡先に追加といったボタンがメニューに表示されます。

2_qr_safari_20171018_up

ただ、上記の方法で”テキスト”や”連絡先”のQRコードを読み込んだ場合、QRコードを完全に開くまで内容を知ることは出来ません。

QRコードの読み取り結果を確認した上で開きたい場合は、iPhone 6s以降の3D Touch対応機種のみとなりますが、QRコードを押し込むことでQRコード下に読み取り結果が表示できます。
※ QRコードを押し込み、そのまま上にスワイプすることでもメニュー表示が可能です。

3_qr_safari_20171018_up

最近はウェブでQRコードを見かける機会が減ったようにも感じますが、今でもメーカーのキャンペーン応募サイト、LINEのグループ招待QRコードなど、様々なウェブサービスで活用されています。

もしウェブ上のQRコードを読み取ることになった際には、ぜひ活用してみてください。Safari1つで解決するので便利です。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*

Return Top