楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS11で32bitアプリが起動出来なくなることが明らかに

iOS10.3をインストールしたiPhoneなどのiOSデバイスで、32bitで動作しているアプリを起動すると、「このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります」といったエラーが表示されますが、iOS11では2bitアプリのサポートが終了し、アプリを起動することができなくなることがわかりました。

スポンサーリンク

iOS11では32bitアプリの起動前に警告が表示

iOS10.3をインストールしたiPhoneで、32bitアプリを起動すると、画面に次の警告が表示されるものの、アプリ自体は使用することができます。

“アプリ名”はアップデートの必要があります
このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります。Appの開発元は、互換性の向上のためにこのAppをアップデートする必要があります。

しかし、iOS11では警告から「このAppは〜可能性があります」の文言が削除され、アプリ起動前に警告表示されるようになり、アプリを起動することが出来なくなっているようです。

“App Name” Needs to Be Updated
The developer of this app needs to update it to work with iOS 11.

上記警告をiOS10.3の警告っぽく訳すと、次のような感じでしょうか。

 “アプリ名”はアップデートの必要があります
Appの開発元は、iOS 11で動作するようにこのAppをアップデートする必要があります。

またtoucharcadeによると、App Storeで32bitアプリのページを開くと、上部に「This app is no longer supported on iOS 11.(このアプリはiOS 11ではサポートされなくなりました)」と表示されるとのことです。

もしiPhoneの設定一般情報Appに32bitアプリが並んでいるのであれば、iOS11配信までに乗り換え先となるアプリを見つけるか、開発元に64bit対応の予定はあるのか問い合わせるなどの対応が必要です。

※ 当記事の情報は開発者向けに配信されているテスト版、iOS 11 Betaで明らかとなった情報であるため、正式リリース版(GM版)では内容が変更となる可能性があります。

Source/Image:9To5Mac toucharcade

コメント(承認制)

*

Return Top