楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】将来のiOSのバージョンでは動かない可能性のあるアプリを確認する方法

iOS10.3では、iPhoneやiPadで32bitで動作している古いアプリを起動すると「このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります」といった警告エラーが表示されるようになりました。

まだ噂に過ぎませんが、今後リリースされるiOS11或いは新型のiPhoneでは、起動時に警告が表示される32bitアプリについては、動作サポートの対象外となる見方が強いです。

個人的にもAppleが32bitアプリを見切るのも時間の問題だと思うので、今後のiOSアップデートや新型iPhoneに備えて、今のうちにインストール済みの32bitアプリの確認と乗り換えの準備をした方が良いかと思います。

スポンサーリンク

インストール済みの古い32bitアプリを確認・整理する手順

iOS10.3では、アップデートが行われておらず、今もなお32bitで動作している古いアプリをリストで確認出来るようになりました。古いアプリの整理や乗り換えにも便利な機能になっています。

  1. 設定一般をタップ。
  2. 情報をタップ。
  3. Appをタップ。
  4. App互換性画面が表示され、32bitで動作している古いアプリがリストアップされます。
  5. リストアップされた古いアプリをタップすると、現在もApp Storeに並んでおりアップデートが配信される可能性のあるアプリは、App Storeページが開きます。
  6. 逆にApp Storeから既に取り下げられ、アップデートの期待が出来ないものに関しては「〜はApp Storeにありません」と表示されるので、乗り換え先のアプリを探した方が良いです。

iPhoneはiPhone 5s以降から64bitプロセッサとなっているので、iPhone 5以前からiPhoneを使っている方であれば、32bitで動作しているアプリを特に多くインストールしている可能性があります。

私の場合は、220個のアプリの中で約7%にあたる15個ものアプリが32bitで動作しているアプリだったので、時間の合間にでも是非チェックしてみてください。

関連記事

コメント(承認制)

*

Return Top