楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS12「ショートカットアプリ」のダウンロードとインストール方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPad向けに配信されたiOS12アップデートでは、Siriで独自のショートカットを作ることができる機能「Siriショートカット」が追加されました。

AppleがApp Storeリリースしているアプリ「ショートカットアプリ」をダウンロード、インストールすることで、複数の操作を組み合わせた自由度の高い独自のショートカットを作ることができます。

iOS12のSiriショートカットは2種類ある

iOS12で追加されたSiriショートカットは、大きくわけて2つの機能に分かれています。

1つ目は設定Siriと検索から使用できる、Siriが提案する新しい音声コマンド(ショートカット)を登録する機能です。

これは標準で使用できる機能ということもあり、簡単且つ直感的に扱うことができるのが魅力ですが、ショートカットの自由度は決して高くはありません。

2つ目は本記事でダウンロード方法を解説する、ショートカットアプリ(WorkFlow)を使って、Siriに複数の操作を組み合わせた独自の音声コマンド(ショートカット)を登録する機能です。

用意されたパーツを組み立て、一つの大きな流れ(プログラムのフローチャート)を組み立てるような機能で、例えば「SBAPPのRSSを取得する→Siriが取得した記事を読み上げる」ような高度なショートカットを作成することができます。

スポンサーリンク

標準のSiriショートカットに比べると、多少の知識や慣れは必要ですが、使いこなせるようになれば自由度が高く、標準のSiriショートカットよりも圧倒的に便利です。

WorkFlowがアップデート2.0でショートカットに生まれ変わった

Appleに買収されたことでも話題になったWorkFlowアプリが、バージョン2.0アップデートで「ショートカットアプリ」に生まれ変わりました。

執筆時点ではApp Storeで「ショートカット」と検索してもアプリがヒットしませんが、「WorkFlow」で検索すると検索トップにショートカットアプリが表示されます。

以下はショートカットアプリに生まれ変わった旧WorkFlowのApp Storeプレビュー概要、バージョン2.0アップデートのリリースノートです。

ショートカット(旧WorkFlow)のApp Storeプレビュー概要欄
Siriショートカットを使えば、1回タップするかSiriに一言伝えるだけで、Appでの作業をすばやく実行できます。“ショートカット” Appでは、よく使うAppの複数の操作をまとめた独自のショートカットを作成できます。ギャラリーに用意されたサンプルを使ってみることも、ドラッグ&ドロップでショートカットを独自に作ることもできます。

“ショートカット”には300種類以上のアクションを用意。連絡先、カレンダー、マップ、ミュージック、写真、カメラ、リマインダー、Safari、ヘルスケアなど、普段よく使う多数のAppのほか、Siriショートカットに対応したすべてのAppで機能します。

たとえば、以下のショートカットを作成できます:
* Siriに一言伝えるだけで、自宅までの経路を調べ、家族に帰宅時刻をメールで伝えて、ニュースを読み上げてもらう
* 大切な人に電話するためのアイコンをホーム画面に追加する
* アニメーションGIFを作る
* 共有シートでSafariやその他のAppからPDFを作成する
* 1回のタップで近くにあるカフェまでの経路を調べる
* 今聴いている曲をツイートする
* Webページ内のすべてのイメージを取得する
* 直前に撮ったスクリーンショットを含むメッセージを送信する
ほかにもまだまだあります!

作成したショートカットは、“今日”ウィジェットから実行することも、検索して実行することも、Siriに頼んで実行してもらうこともできます。さらに、よく使うショートカットをAppアイコンとしてホーム画面に追加することもできます。

“ショートカット”を活用して、iPhoneやiPadでよく行う作業をどんどん自動化しましょう。

引用:App Store

ショートカット(旧WorkFlow) バージョン2.0アップデート リリースノート
新しい“ショートカット” Appでは、1回タップするかSiriに一言伝えるだけで複数の操作が実行される独自のショートカットを作成できます。

* ショートカットをSiriに追加して音声で実行できます
* Siriのショートカットに対応したAppで利用できる新しいアクションが追加されました
* ユーザがロック画面や検索でよく使うショートカットをSiriが提案します
* ユーザの普段の操作や最近のAppの使用状況に基づいて、ショートカットに追加するアクションをSiriが提案します
* “Wi-Fiを設定”、“低電力モードを設定”、“おやすみモードを設定”などの新しいアクションを使って、システム設定を変更できます
* 新しい支払いアクションを使って、Apple Payやお気に入りのAppで支払いの送金や要求ができます
* 新しい“WebページでJavaScriptを実行”アクションを使って、Safariで独自のスクリプトを実行できます
* “ワークフロー” Appが“ショートカット”に置き換わり、作成済みのすべてのワークフローが自動的に読み込まれます
* デザインが刷新されて、より使いやすくなりました

引用:App Store

ショートカットアプリのダウンロードとインストール

ショートカットアプリを使ったテクニック諸々は、随時記事で解説、紹介していきます。ダウンロードは以下のボタンからどうぞ!

なお旧WorkFlowをインストール済みの場合は、App Storeのアップデートタブよりアップデートすることで、WorkFlowがショートカットアプリに変化します。

ショートカット
カテゴリ: 仕事効率化
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top