楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iCloud DriveやDropboxのファイルを圧縮・解凍する方法 iOS12ショートカット活用術

スポンサーリンク

今回はiOS12のショートカットアプリを活用して、iCloud Drive(ファイルアプリ)やDropboxアプリでファイルを圧縮〜解凍する方法について解説します。

本記事で解説するレシピを追加することで、「iCloud Drive/Dropboxのファイルを圧縮・解凍する」「iCloud DriveもしくはDropboxのファイルを圧縮して、もう片方のクラウドストレージにファイルを保存する」といったことが簡単にできるようになります。

ファイルを圧縮するショートカットレシピ

iCloud Drive/Dropboxにあるファイルを圧縮するレシピは次の通りです。

圧縮フォーマットは、ショートカット実行時に.zip / tar.gz / tar.bz2 / .tar.xz / .tar / .gz / .cpio / .isoから選択することができます。

アーカイブを作成
アーカイブ名:(空白)
フォーマット:実行時に尋ねる
メニューから選択
プロンプト:利用するサービスを選択
・Dropbox
・iCloud Drive
Dropbox
 ファイルを保存
 サービス:Dropbox
 保存先を尋ねる:オン
iCloud Drive
 ファイルを保存
 サービス:iCloud Drive
 保存先を尋ねる:オン
End Menu

設定では任意の名前とアイコン、共有シートに表示をオンにして、受け入れの種類をファイルにしてください。

ショートカット「圧縮」を追加する

ファイルを解凍するショートカットレシピ

iCloud Drive/Dropboxにある圧縮ファイルを解凍するレシピは次の通りです。保存先はiCloud Drive/Dropboxの互いに指定可能です。

アーカイブを展開
メニューから選択
プロンプト:利用するサービスを選択
・Dropbox
・iCloud Drive
Dropbox
 ファイルを保存
 サービス:Dropbox
 保存先を尋ねる:オン
iCloud Drive
 ファイルを保存
 サービス:iCloud Drive
 保存先を尋ねる:オン
End Menu
スポンサーリンク

設定では任意の名前とアイコン、共有シートに表示をオンにして、受け入れの種類をファイルにしてください。

ショートカット「解凍」を追加する

ショートカット「圧縮」「解凍」の使い方

今回紹介したショートカットレシピ「圧縮」「解凍」は、iCloud DriveやDropboxでファイルを選択し、共有メニューからショートカットをタップし「圧縮」「解凍」のいずれかを選択することで起動することができます。

起動後は圧縮時のみフォーマット、保存先のサービス名を選択することで、ファイルの圧縮と解凍をすることができます。

ショートカット
カテゴリ: 仕事効率化
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top