楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS12でSMSに届くセキュリティコードを自動入力する方法

iPhoneなどiOSデバイス向けにリリースされたiOS12では、メッセージアプリがSMSで届くセキュリティコード(2段階認証コードやワンタイムパスワードなど)の自動入力に対応し、ウェブサービス全般の「SMSによるセキュリティ認証」の入力が簡易化されました。

慌ててセキュリティコードを入力する必要が無くなった

これまでは通知バナーに表示されたセキュリティコードを素早く入力するか、メッセージアプリを開いて確認する必要がありましたが、iOS12なら次の手順で簡単にセキュリティコードの入力、ログインをすることができます。

  1. SNSなどのウェブサービスでセキュリティコード(2段階認証)入力ページを開き、SMSでセキュリティコードが届いたらコード入力ボックスをタップ。
  2. キーボードの上部にセキュリティコードが表示されるので、タップすると自動で入力されます。
スポンサーリンク

メッセージアプリの通知をオフにしても使用できる

メッセージアプリのセキュリティコード自動入力機能は、メッセージアプリの通知をオフにしている場合でも使用することができます。

WEBサービスのセキュリティコード(2段階認証)入力ページを開き、SMSが届くであろう時間まで数秒待ってから入力ボックスをタップすると、「メッセージからXXXX」のようにセキュリティコードが表示されます。

著者情報

Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント(承認制)

*

Return Top