楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】ファミリー共有でスクリーンタイムの休止時間やプライバシーの制限を変更できない問題

iOS 12では、iPhoneやiPadの使用時間の確認や制限ができるスクリーンタイムを利用できますが、ファミリー共有に設定している家族(子ども)の端末の休止時間やコンテンツとプライバシーの制限が変更できない不具合が報告されています。

スポンサーリンク

ファミリー共有端末のスクリーンタイムを設定できない

ファミリー共有を設定しているデバイスは、親機でスクリーンタイムの設定(休止時間、App使用時間の制限、許可するApp、コンテンツとプライバシーの制限)を変更することができますが、一部環境でこれらの設定が変更できない以不具合が生じており、Appleサポートコミュニティで以下の症状が報告されています。

  • 休止時間の設定後に前の画面に戻ると設定がオフになる
  • コンテンツとプライバシーの制限を変更しても勝手にオフに戻る
  • 休止時間とパスコード設定の画面がループする

海外のAppleサポートコミュニティでも類似の投稿があり、”二人の子どものうち息子の端末のみスクリーンタイムの設定を変更できない”との書き込みもありました。

In the family sharing, we have me (organizer), my husband (parent/guardian), my son (12) and my daughter (10). I am not able to toggle on the down time, content & privacy restrictions and add app limits only for my son’s screen time from both my iPhone and his iPad. However, no issues for my daughter. Any suggestions?

上記投稿に対して「子のデバイスを直接操作してスクリーンタイムをオフにし、デバイスを再起動させたのちスクリーンタイムの再度オンを試して」との回答があり、投稿者から回答アンサーに選ばれ、Appleが推奨する対処法にも選ばれているので、もしお困りであればこちらを試してみると良いかもしれません。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私も同様の不具合を抱えたまま3か月間悩んでおります。
    【端末】
    親端末:iphoneX
    子端末:iphone6s

    【症状】
    ・親端末から子供の端末のスクリーンタイムの設定をするが、コンテンツとプライバシーの制限を有効にしても数秒後に勝手にボタンがスライドして無効になる。
    ・一度、親からのスクリーンタイムを無効にし、再起動。子供の端末のみでスクリーンタイムを設定すると、有効になった。ただし、親の端末上は子どもの端末のスクリーンタイムはオフの状態に見えている。
     →理由はわからないが、勝手に無効になっている。
    ・アップルに3か月前問い合わせをしたが、同様の報告があり、ソフトウェアアップデートで対応していくので待っていてほしいといわれた。
     →その後、何回かアップデートの機会があったが、不具合は修正されていない。
     →再度同じように問い合わせを試みるが、”有料サポート”になっている様子。
    ・別の子供の端末(iphone6)は正常。

コメント

*

Return Top