楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】ファミリー共有でスクリーンタイムの休止時間やプライバシーの制限を変更できない問題

スポンサードリンク

iOS 12では、iPhoneやiPadの使用時間の確認や制限ができるスクリーンタイムを利用できますが、ファミリー共有に設定している家族(子ども)の端末の休止時間やコンテンツとプライバシーの制限が変更できない不具合が報告されています。

ファミリー共有端末のスクリーンタイムを設定できない

ファミリー共有を設定しているデバイスは、親機でスクリーンタイムの設定(休止時間、App使用時間の制限、許可するApp、コンテンツとプライバシーの制限)を変更することができますが、一部環境でこれらの設定が変更できない以不具合が生じており、Appleサポートコミュニティで以下の症状が報告されています。

  • 休止時間の設定後に前の画面に戻ると設定がオフになる
  • コンテンツとプライバシーの制限を変更しても勝手にオフに戻る
  • 休止時間とパスコード設定の画面がループする
スポンサーリンク

海外のAppleサポートコミュニティでも類似の投稿があり、”二人の子どものうち息子の端末のみスクリーンタイムの設定を変更できない”との書き込みもありました。

In the family sharing, we have me (organizer), my husband (parent/guardian), my son (12) and my daughter (10). I am not able to toggle on the down time, content & privacy restrictions and add app limits only for my son’s screen time from both my iPhone and his iPad. However, no issues for my daughter. Any suggestions?

上記投稿に対して「子のデバイスを直接操作してスクリーンタイムをオフにし、デバイスを再起動させたのちスクリーンタイムの再度オンを試して」との回答があり、投稿者から回答アンサーに選ばれ、Appleが推奨する対処法にも選ばれているので、もしお困りであればこちらを試してみると良いかもしれません。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top