楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】利用頻度の高い場所をオフ、履歴の確認と削除方法

【iPhone】利用頻度の高い場所をオフ、履歴の確認と削除方法
スポンサーリンク

iPhoneのGPS(位置情報サービス)機能では、iPhoneを持って訪れた場所を「利用頻度の高い場所」として記憶されますが、もし利用目的を把握した上で不要だと考えるのであれば、設定から利用頻度の高い場所の機能をオフにする、履歴を削除することができます。以下詳細です。

そもそも「利用頻度の高い場所」とは?

システムサービス「利用頻度の高い場所」は、予測交通情報サービスや写真アプリのフォトメモリー機能の改善などに使われる機能となっており、保存されたデータは全て暗号化されデバイスのみに保存されています。

利用頻度の高い場所 — あなたの利用頻度の高い場所を学習するために、iPhoneはあなたが最近訪れた場所とそれらの場所をどれくらいの頻度でいつ訪れたかを追跡します。このデータは暗号化されてあなたのデバイスのみに保存され、あなたの同意なしに共有されることはありません。情報は予測交通情報サービスなどの個人向けサービスを提供するために使用され、フォトメモリー機能を改善するためにも使用されます。

まとめ

  • 利用頻度の高い場所は勝手に外部に送信されることは無い
  • 蓄積されたデータは予測交通情報サービスやフォトメモリー機能の改善に使われる
  • 蓄積データは暗号化されデバイスにのみ保存されている

浮気調査と題して紹介される「利用頻度の高い場所」

最近ではテレビメディアなどで「浮気調査」と題して紹介されることもありますが、それは本来の目的とは異なる使用方法です。

またiPhone本体のパスコードロック(Touch ID/Face ID)がオンの場合は、ロックを破られない限り覗き見されることは無いので過剰に不安を抱く必要はありません。

ただし、デバイスのパスコードロックを解除できる人が自分以外にもいる場合は、無断で覗き見されてしまう可能性もゼロでは無いので、もし不安であれば次の手順で履歴の削除〜オフにしておくと安心です。

関連記事【iPhone】「利用頻度の高い場所」で他人を追跡することは困難 使用目的などについて

スポンサーリンク

利用頻度の高い場所の履歴を削除する

利用頻度の高い場所に蓄積された履歴は、次の手順で削除することができます。

  1. 設定をタップ
  2. プライバシーをタップ
  3. 位置情報サービスをタップ
  4. システムサービスをタップ
  5. 利用頻度の高い場所をタップ
  6. 履歴を消去をタップ
  7. 「このiPhoneおよび〜」の履歴の消去をタップ

利用頻度の高い場所をオフにする

次の手順で利用頻度の高い場所をオフにできますが、オフにしても履歴は削除されないので、蓄積された履歴情報も同時に削除したい場合は先に履歴の削除をしてください。

  1. 設定をタップ
  2. プライバシーをタップ
  3. 位置情報サービスをタップ
  4. システムサービスをタップ
  5. 利用頻度の高い場所をタップ
  6. 利用頻度の高い場所をタップしてオフにする

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top