楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】新元号「令和」を変換できない時の原因と対処法

スポンサードリンク

本日11時30分頃に新元号「令和(れいわ)」が発表されましたが、Twitterなどで「iPhoneで令和が変換できない」との声が多く挙がる中、「iPhoneで令和が変換できる!早い」といった声もありますが、今回はこれらの件についての詳細と令和の変換ができない時の対処法を解説します。

標準キーボード、拡張キーボードで変換候補に差がある

iPhoneのキーボードには、標準で用意されているキーボードとサードパーティーが提供している拡張キーボードアプリの2種類があります。

標準キーボードの変換候補は、iOSアップデートや学習機能によって変化するため、標準の変換候補に「令和」が追加されるタイミングは次回のiOSアップデート以降になるものと思います。(学習機能により変換候補に”令和”が表示される場合もあります)

一方で拡張キーボードアプリの場合、キーボードを提供しているデベロッパーがネットワーク経由で変換候補の追加(クラウド変換)などができる場合もあり、今回の新元号が発表されてから数分〜数十分以内に対応したキーボードもあります。

学習機能もしくはユーザー辞書で令和の変換を登録できる

現在TwitterなどのSNSで「iPhoneで令和の変換ができた」と「令和の変換ができない」といった両方の声がある原因として、キーボードの学習機能によって登録された場合、あるいはユーザー辞書に登録した場合の2パターンが考えられます。

スポンサーリンク

まず学習機能で「令和」が登録される場合として、ユーザーが単語単位で入力・変換した”令”と”和”が記憶され、学習機能がこれらの単語を組み合わせ「令和」の変換ができるようになった可能性が高いです。

  1. “れい”を「令」に変換
  2. “わ”を「和」に変換
  3. 文字入力、変換を確定すると、変換候補に”れいわ”→「れいわ」が登録される

もう一つはiOSの標準機能「ユーザー辞書」の”令和”を手動で登録した場合で、これは設定一般キーボードユーザー辞書から設定することができます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top