楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】「利用頻度の高い場所」で他人を追跡することは困難 使用目的などについて

スポンサーリンク

iPhoneには位置情報を使ったシステムサービスとして、過去に移動した日時や場所を記録する“利用頻度の高い場所”といったサービスがあります。

同機能が某テレビ番組で取り上げられたものの、本来の用途やプライバシーの安全性については説明されず、一部ユーザーの不安を大きく煽るような内容だったので、今回は“利用頻度の高い場所”について詳しく解説します。

利用頻度の高い場所の確認とオフにする方法

位置情報に基づいて記録される“利用頻度の高い場所”は、設定プライバシー位置情報サービスシステムサービス利用頻度の高い場所で確認することができ、スイッチをタップすることでオフにすることもできます。

同機能の画面を見ただけでは、自分の行動が外部に漏れる恐れがあると不安になるかもしれませんが、実際にはそんな危険な機能では無く、Appleもプライバシーの安全性について説明しています。

利用頻度の高い場所の使用目的について

利用頻度の高い場所の使用目的については、マップやカレンダーなどで位置情報を使った機能を提供するために必要な情報であると、Apple公式サイトなど説明されています。

“マップ”、”カレンダー”、”写真などで便利な位置ベースの情報を提供するために、利用頻度の高い場所をiPhoneに登録することを許可します。

情報は予測交通情報サービスなどの個人向けサービスを提供するために使用され、フォトメモリー機能を改善するためにも使用されます。

なので、本来は他人のプライバシーを脅かすような機能(浮気調査、他人の端末をのぞき見して行動を盗み見する等)ではありませんし、そういったプライバシーの侵害行為に対する対策もされています。

他人に行動履歴を覗き見されることは無い

スポンサーリンク

「他人に行動履歴が漏れる」「Appleに情報を抜き取られる」など、プライバシー面の不安を訴える声もみられますが、利用頻度の高い場所は外部に漏れることは無い情報です。

まず“他人に行動履歴が漏れる”については、設定Face ID(もしくはTouch ID)とパスコードで端末にロックを設定すると、利用頻度の高い場所を表示するときにパスコードが要求される為、心配する必要はありません。

某バラエティ番組のように、他人のiPhoneを手に取り「あなたは○○日に○○に行きましたね?」なんてことは本来再現できませんし、パスコードが漏れていない限りは第三者が行動履歴を覗き見することはできません。

ただし、パスコードが未設定の場合は話は別ですが、その場合は位置情報以前の問題です。

利用頻度の高い場所は端末にのみ保存されている

“Appleに情報を抜き取られる”については、暗号化されたデータとして端末にのみに保存されていること、また同意無しに共有されることは無いとApple公式サイトに記載されています。

このデータは暗号化されてあなたのデバイスのみに保存され、あなたの同意なしに共有されることはありません

このようにプライバシーはしっかりと保護されているので、利用頻度の高い場所について過度な不安を抱く必要は無く、iPhone自体に行動履歴が記録されること自体に抵抗が無い限りは、わざわざ設定をオフにする必要はありません。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top