楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】高温注意やフル充電できないなど、本体が熱くなることで生じる問題が相次ぐ

スポンサーリンク

全国的な猛暑の影響によりiPhoneが熱を帯びやすい地域が多く、「高温注意と表示されてiPhoneが使えない」「100%までフル充電できない」など、デバイス本体が高温になることで生じる問題が増加しています。

高温注意によりiPhoneの使用が制限

全国的に非常に暑い日が続いていますが、各地でiPhoneの画面に警告「高温注意」が表示され使用が制限されたり、iPhoneをフル充電できないなど、iPhone本体が熱を帯びたことによって生じる問題が相次ぎ報告されています。

iPhoneの使用に推奨されている周囲の温度

iPhoneは周囲の温度が0〜35度の環境での使用が推奨されており、高温の環境でiPhoneを使い続けると異常な動作が生じたり、バッテリーパフォーマンスが悪化する場合があります。

iOS デバイスは周囲の温度が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください。低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。動作温度を下回る極端な低温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。より温度の高い場所にデバイスを戻すと、バッテリーの駆動時間も通常の状態に戻ります。極端な高温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの持ちが悪くなることがあります。

引用:Appleサポート

スポンサーリンク

iPhoneが熱を帯びる原因について

iPhoneが高温になる原因は気温だけでは無く、iPhoneの初期化や復元、データ転送機能、3Dグラフィックのゲームアプリ、拡張現実対応のARアプリ、充電しながらアプリを使用するなど、デバイスに負荷が掛かる使い方をすると、本体が熱を帯びてしまい動作許容温度を超えることがあります。

またiPhoneにケースを装着している場合、本来放熱されるべき熱が籠もってしまい本体が熱を帯びやすくなることがあるので注意してください。(iPhone本体が熱い時はケースを外した方が冷めやすい)

高温注意やフル充電できない等の問題が生じる

iPhoneの温度が高温になると、画面に「高温注意」と表示され本体温度が下がるまで使用が制限されたり、バッテリーをフル充電できなくなったり、ディスプレイが暗くなる(暗転する)など、様々な問題が生じます。

  • ワイヤレス充電ができない(もしくは充電速度が遅い)
  • 画面が暗くなる(もしくは暗転する)
  • 勝手に低電力モードになる
  • カメラのフラッシュ機能を使用できない(フラッシュボタンに!マークが表示される)
  • 一部アプリでパフォーマンスが低下する
  • バッテリーをフル充電できない(80%で止まるなど)

思わず故障と勘違いしてしまいそうですが、iPhoneが高温になったことで生じる問題は本体温度が適温に下がると自然に解消します。

氷や冷蔵庫で急激に冷ますと故障の原因に

高温になったiPhoneに氷や保冷剤を当てて冷ましたり、冷蔵庫に入れるなどして本体温度を急激に下げてしまうと、内部(基盤)で結露が生じてしまい故障してしまったり、結露の水滴によって水没マーカーが反応する可能性も考えられるので避けてください。

例えiPhoneを早く使いたい場合でも、空調の効いた涼しい部屋に放置したり、扇風機で風を当てるなどして本体温度をゆっくりと下げることをおすすめします。

iPhoneを割り箸で浮かせて冷ます
iPhoneの接地面を割り箸などで浮かすと冷めやすい。

関連記事【iPhone】充電が80%で止まる、100%まで充電できない時の原因と対処法

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top