楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】アプリが1つだけのフォルダを作る方法 iOS 12以降対応の最新版

スポンサーリンク

iPhoneでフォルダを作るには原則2つ以上のアプリを格納する必要がありますが、今回は特定の操作で「1つのアプリが入ったフォルダ」を作ることができたので、その方法を紹介します。

カテゴリを意識したホーム画面レイアウトの難点

最近ホーム画面を「左端にカテゴリごとに仕分けしたフォルダ、その中で頻繁に使うアプリを3つ横に並べるレイアウト」で整理しましたが、目的のアプリが見つけやすく気に入っています。

ホーム画面のレイアウト

ただレイアウトの難点として、同じカテゴリに属するアプリが4つだった場合、2つのアプリが入ったフォルダを配置すると右に並ぶアプリが2つになり空き枠が1つできるため、あとに続く異なるカテゴリのフォルダやアプリが前に詰めてしまい、見た目が不格好になります。

アプリが4つだとフォルダを作ると不格好になる
アプリが4つでフォルダを作ると、[フォルダ][アプリC][アプリD][空き枠]になってしまい、レイアウトが崩れる。

この問題を解決するにはアプリが1つだけ入ったフォルダを作る必要がありますが、フォルダを作るには通常2つ以上のアプリを格納する必要があるため、普通の方法ではアプリが1つだけ入ったフォルダを作ることができません。

スポンサーリンク

アプリが1つだけ入ったフォルダを作れる小技

通常はフォルダに2つ以上のアプリが入るものですが、以下の手順でフォルダを作ると「アプリが1つだけ入ったフォルダ」を作ることができます。

※ ホームボタン搭載のiPhone 8、ホームボタンが廃止されたiPhone XS Maxの両機種で動作を確認しています。

  1. アプリのアイコンを長押しして編集モードにし、アプリを重ねてフォルダを作る操作をする。

  2. フォルダが作られても指を離さず、そのまま電源(スリープ)ボタンを押下する。

  3. ロックを解除して戻るとアプリが1つだけ入ったフォルダが残っていることを確認できます。

今後のiOSアップデートで使えなくなる可能性もありますが、執筆時点では最新バージョンのiOS 12.3.1(iPhone XS Max/iPhone 8)で繰り返し再現できているので、ホーム画面のレイアウトに活用してみてください。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iOS13 Developer Beta2でもこの手順でアプリ一つだけのフォルダを作成できました。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top