楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】アプリのダウンロード制限が150MBから200MBに緩和

スポンサーリンク

これまでApp Storeでは、150MBを超えるアプリをモバイルデータ通信でダウンロードすると、「Appのサイズが〜MBを超えています」といったボックスが表示され、原則Wi-Fiに接続するまでダウンロード・アップデートできませんでしたが、Appleがダウンロード制限を150MBから200MBに緩和しました。

モバイルデータ通信で200MBまでのアプリのダウンロードが可能に

これまでモバイルデータ通信で150MB以上のアプリのダウンロード・アップデートを実行すると「Appのサイズが150MBを超えています」と表示されましたが、現在は200MBまでのアプリのダウンロードやアップデートであれば、モバイルデータ通信で実行できるようになりました。

サイズ表示が200MB以上でもダウンロードできる場合も

アプリのサイズはApp Storeの情報セクションで確認できますが、アプリによってはサイズが200MB以上でもモバイルデータ通信でダウンロードできる場合があります。

これは、自身の端末に不要なデータ(例えばiPad向けの画像素材など)がダウンロード時に削除されるため、実際のダウンロードサイズが200MBを下回るためです。

スポンサーリンク

段階的に緩和されていくダウンロード制限

App Storeのダウンロード制限は、過去にも2013/09/19に50MBから100MB、2017/09/20に100MBから150MBに緩和されています。

また過去の緩和はiOSメジャーアップデートにあわせて行われる傾向がありましたが、今回はWWDC開催前の早いタイミングでの緩和になりました。

昔と今のゲームアプリを比べると、数年前には考えられないほどハイクオリティでリッチなゲームも増えており、今後も5Gの普及などにあわせて、段階的にダウンロード制限が緩和されていくことになりそうです。

関連記事

Source:9To5Mac

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top