楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】ワイヤレスデータ移行にかかる時間を計測 約52分でデータ移行が完了

スポンサーリンク

今回はiOS 12.4で追加された新機能、古いiPhoneから新しいiPhoneにワイヤレスでデータを移行できる新機能「iPhoneの移行機能」で、実際にデータ移行に掛かった時間、現在使用中のiPhoneが使えなくなる時間などについて解説します。

iPhone XS MaxとiPhone Xでデータ移行した結果

iPhone XS Max(iOS 12.4/移行元)から、iPhone X(iOS 12.4/移行先)にワイヤレスデータ移行を試したところ、全体の処理が完了するまで約52分かかりました。

ただし、ワイヤレスデータ移行の所要時間は、ストレージの使用状況、iPhoneの機種(スペック)、Wi-Fiなどの通信環境によって大きく異なるため、参考程度としてください。

ストレージ使用状況など(iPhone XS Max/iOS 12.4)

  • オーディオ:148.1MB(29曲)
  • 写真:3.50GB(21,048枚)
  • アプリ:16.63GB(180本)
  • ブック:202.9MB(1冊)
  • 書類とデータ:16.78GB
  • ストレージの使用済み容量:37GB
  • Wi-Fi通信速度(ダウンロード):約60MB
所要時間など

  • 転送の準備処理:13:33 – 13:34 (約1分)
  • 転送中:13:34 – 13:50 (約16分)
  • 再起動〜Appleロゴ(暗転):13:50 – 13:52 (約2分)
  • アプリダウンロード・インストール:13:52 – 14:25 (約33分)
スポンサーリンク

現在使用中のiPhoneが使えなくなるタイミング

ワイヤレスのデータ移行機能は、大まかに「データ移行前の操作(クイックスタートの準備)」「データ移行の処理(準備〜転送)」「アプリのダウンロード処理」の順に進みます。

この中で現在使用中のiPhone(古いiPhone)が使えなくなるのは、「データ移行の処理(準備〜転送)」のタイミングのみです。

転送後の再起動や最終処理、アプリのダウンロードなどは新しいiPhoneだけで処理が進むので、現在使用中のiPhoneを普段通り使うことができます。

アプリのダウンロード中は使用中のiPhoneの操作ができる。

今回の計測結果であれば、データ移行が完全完了するまでは約52分掛かったものの、現在使用中のiPhoneの操作が制限される「転送の準備処理」と「転送」のステップは約17分でした。

まとめ
古いiPhoneの操作ができなくなるのは、アプリのダウンロードやインストールを除くデータ移行の処理中のみ。ストレージの使用状況にもよるが、意外と短いかも。

使用済み容量が多いと更に時間が掛かる

今回の計測結果は、筆者環境(使用済み容量37GB)の結果となるので、使用済み容量が100GB以上など、使用容量が多い場合はこれ以上に時間が掛かります。

またワイヤレス転送ではiPhoneに保存されている全てのデータを転送するめ、使用済み容量の内訳で写真、オーディオ、ブック、書類とデータが多い場合、とくに転送時間が長くなりそうです。

アプリについては「書類とデータ(保存データ)」など最低限のデータが転送され、アプリ自体はApp Storeからダウンロードされるため、iPhoneの操作が制限される転送時間はそれほど変わらないかと思います。

関連記事【iPhone】データ移行が手軽に出来るワイヤレス移行機能の使い方 iOS12.4新機能

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top