楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】寒さでバッテリーの減りが早い、電源が落ちる時の温度と対策

スポンサーリンク

ここ最近「iPhoneのバッテリーの減りが早い」「バッテリー残量があるのに突然電源が落ちる」など、電源関連のトラブルが多く報告されています。

iOS12.1.1でバッテリーの減りが早くなったとの声もありますが、寒さの厳しい地域にお住まいなのであれば時期的な問題でバッテリーパフォーマンスが悪化している可能性も考えられます。

これからの時期はバッテリーパフォーマンスが悪化する傾向

iPhoneを含むiOSデバイスは、周囲の温度が0〜35度での使用を想定しており、iPhoneを0度を下回る環境で使用する場合はバッテリーの消耗が激しくなったり、突然電源が切れるといった問題が生じる場合があります。

iOS デバイスは環境温度 (周囲の温度) が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください。低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。動作温度を下回る極端な低温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。より温度の高い場所にデバイスを戻すと、バッテリーの駆動時間も通常の状態に戻ります。極端な高温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの持ちが悪くなることがあります。

iOS デバイスは -20° ~ 45℃ の場所に保管してください。駐車中の車の中は高温になることがあるので、デバイスを車内に置いたままにしないでください。

引用:Appleサポート

低温環境によるバッテリーパフォーマンスの悪化を防ぐには、真冬の屋外での長時間使用を避けたり、鞄など外気にさらされない環境に入れて持ち歩くことも良いですが、北海道在住の私としてはコートの内ポケットやデニムパンツのポケットなど、布越しにiPhoneが肌に触れるような携帯方法がおすすめです。

スポンサーリンク

中にはカイロと一緒にiPhoneを鞄に入れる方もいるようですが、iPhoneとカイロが密着してしまうと高温になる場合があるのでお勧めはできません。

業者によるバッテリーの修理交換は慎重に

季節的な問題でバッテリーパフォーマンスの悪化している場合でも、それらの状況を無視してバッテリーの修理交換を勧める修理業者もいるようです。

もし修理を検討する場合は、まず設定バッテリーバッテリーの状態で、バッテリーの最大容量やピークパフォーマンスの問題が生じていないか確認することを強くお勧めします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top